シミの種類で対策も変わる!見分け方と原因を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シミの種類で対策も変わる!見分け方と原因を徹底解説

30代前半から40代にかけて表れやすいといわれる「シミ」。
どうにかして消したいと考えている人も多いですよね。
実は、シミにはいくつかの種類があるってご存知ですか?
シミは種類によって予防や対策の方法が全く違うので、正しいケアをしないと時間とお金のムダになってしまうことがあるんです!
今回は「シミの種類別、見分け方と正しい対策法」をすべて紹介致します♪
皆さんも自分がどれに当てはまっているか、普段のケアは正しいかを確認してみてください。

 

老人性色素斑

シミのある女性

老人性色素斑は、最も一般的なシミ。
「老人性」というネーミングですが、原因は浴びすぎた紫外線です。
紫外線によってメラニンが作られると肌が黒くなりますが、通常ならターンオーバーによって徐々にもとの肌色に戻ると思います。
しかし過剰に紫外線を浴び続けるとメラニンが肌の中に留まり、それが老人性色素斑(シミ)として肌に表れてしまうんです。
「肌が紫外線を記憶した」「日焼けジミ」と表現されることもありますね。
特に、アウトドアが好きで日焼けをすることが多かった人や、毎日の紫外線対策をしてこなかった人は要注意。
早い人だと20代後半からでき始めます。

 

シミの見分け方とできやすい部分

老人性色素斑は、ほんの数ミリから1cmほどの大きさのものが多く、時間がたつにつれて濃くなっていくのが特徴です。
でき始めはぼやっとした見た目ですが、徐々にシミの輪郭がはっきりしてきます。
できやすい部分は顔、背中、二の腕、デコルテなど。
特に顔の中でも頬やこめかみ、鼻など紫外線が当たりやすい部分にできやすいといわれています。

予防と対策法

何より一番の予防法は「紫外線対策」です。
若いうちからしっかり紫外線対策をしていれば、老人性色素斑は格段にできにくくなります。

また美白化粧品を使い続け、日々メラニンの蓄積を抑えるというのも効果的。
年間を通して毎日欠かさないことが大切です。
すでにできてしまった場合でも、ごく初期の薄いうちなら美白化粧品で消えることもあるといわれています。
ターンオーバーを正常にして、メラニンを排出することに努めましょう!
しかしコンシーラーを使わないと隠せないほどに濃くなってしまった場合は、美白化粧品ではほとんど効果はありません(薄くなることはあります)。
皮膚科のレーザーやトレチノインなどで取り、そのあと紫外線対策や美白ケアをしっかりするのが効果的です。

 

炎症性色素沈着

シミのある女性

炎症性色素沈着は、ニキビや摩擦によって肌の中で炎症が起こってしまったことが原因です。
ニキビができやすい人は、茶色いニキビ跡に悩むことも多いのではないでしょうか。
こちらも正常なターンオーバーによってメラニンが排出されれば元の肌色に戻りますが、加齢などによってターンオーバーが乱れていたり、次々と炎症が起こってしまうと消えないシミとなって肌に残ってしまいます。

 

シミの見分け方とできやすい部分

炎症が起こった部分にできるシミなので、人によって大きさは様々です。
色は赤からだんだんと茶色になっていき、赤いうちは痛みやヒリヒリ感を感じることもあります。

予防と対策法

予防にはなにより炎症を起こさないことが大切です。
タオルやコットンなどの摩擦でもダメージを受けることがありますので、できるだけ肌は優しく扱いましょう!

ニキビはできたらすぐに皮膚科に行くことが大切。
炎症が続けば続くほど色素沈着しやすくなるので、自己流のケアはできるだけ避けてください
すでにできてしまった場合はターンオーバーを促進してメラニンを排出する美白化粧品が効果的です。
特にニキビ跡にはビタミンC誘導体がオススメされていますね。
ただし濃いものは治るまでに数ヶ月〜年単位と非常に時間がかかります。
皮膚科のレーザーや光治療、ケミカルピーリング、トレチノインなどを併用することでより短期間で消えやすくなりますよ。
また炎症性色素沈着の上から紫外線を浴びてしまうとどんどん濃くなっていきます。
できてしまったときは特に紫外線対策を万全にしてください!

 

肝班

シミのある女性

肝班は30代から50代の女性に多く見られるシミで、女性ホルモンの影響がおもな原因といわれています。
特に妊娠中やピルを服用している人はできやすいので要注意。
摩擦や刺激、紫外線でも濃くなっていくので、一度できてしまったら適切なケアをすることが大切です。
閉経とともに消えていくことがほとんどで、60代以降の女性には少ないシミです。

 

シミの見分け方とできやすい部分

肝班は他のシミと違い、左右対称に現れることが多いです。
できやすい部分は頬骨の高い位置や目の周り。
稀に頬や口元にできる人もいます。
形は輪郭がぼんやりとしていて薄茶色。
細かいシミの集合体のように見えます。
老人性色素斑と一緒にできていることもあり、必ずしも左右対称とは限らないので注意してください。

予防と対策法

肝班は紫外線や摩擦などの刺激によってできやすくなるといわれているため、他のシミと同じく紫外線対策は大切です。
しかし、ホルモンバランスが大きく影響しているのでどんなに気をつけていてもできてしまうことがあるんです。
肝班ができてしまったら、トラネキサム酸(トランサミン)という成分が効果的です。
飲み薬として服用することが多いですが、肝班に特化した医薬部外品の美白化粧品にもトラネキサム酸は配合されています
内服薬は薬局で買うこともできますし、病院でも処方してもらえますよ。
また、肝班はレーザーやトレチノイン、ハイドロキノンで治療することも可能です。
しかし一般的なシミ取りレーザーだと刺激が強すぎて逆に濃くなってしまうので、必ず肝班用のレーザー(レーザートーニング)を受けてください。

 

雀卵班

シミのある女性

これはいわゆる「そばかす」といわれるもので、顔全体に小さな茶色いシミが点々とできます。
ほとんどは遺伝といわれているので、子供の頃からあるという人が多いのではないでしょうか。
大人になってから急にでき始めた場合は「老人性色素斑」と同じく、紫外線が影響しています。
色白の人はできやすいので特に注意が必要です。

 

シミの見分け方とできやすい部分

1mm以下から数mmの薄茶色いシミが頬や鼻にかけて広範囲に広がっています。
紫外線の影響でだんだんと濃く大きくなり、小さなそばかすが合体して大きなシミに見えてしまうこともあります。

予防と対策法

大人になってからでき始めるそばかすの予防法は、紫外線対策と肌に刺激を与えないことです。
これはその他のシミの予防法と同じですね!
しかし、遺伝性のそばかすはどんなに予防してもできてしまうもの。
レーザーで治療することもできますが、数年で再発する可能性が高いと言われています。
もしレーザーを検討している場合は、そばかす治療が得意で実績のある医師の施術を受けてください。
そばかすにはしっかり日焼け止めを塗り、これ以上濃くしないためにも毎日の美白ケアでメラニンの過剰な生成を防ぐことが大切です。

 

脂漏性角化症

肩にほくろのある女性

脂漏性角化症は肌表面にできる良性腫瘍で、別名「老人性イボ」と呼ばれています。
紫外線や遺伝、老化によってでき、勝手に消えることはありません。
表面がザラザラしていて盛り上がっているのが特徴で、もし見つけたら悪性腫瘍(ガン)かどうかの判断をするためにも医師の診察を受けることをオススメします。

 

シミの見分け方とできやすい部分

見た目は盛り上がっていて、薄い茶色から黒色。
紫外線によって悪化していくため、年月とともにだんだんと大きくなることがあります。
本当にイボのようにボコっとふくらんでいるものもあれば、1mm以下のほんのりとした盛り上がりのものもあり、できる場所も大きさも様々です。

 

予防と対策法

過剰に浴びた紫外線が原因になることもあるので日焼け止めも大切ですが、遺伝的にできやすい人もいます。
できてしまったら美白化粧品などで改善することはできないので、病院で液体窒素や炭酸ガスレーザーを受けましょう。
治療を受けた部分は薄く茶色い色素沈着になることがほとんどなので、美白化粧品やハイドロキノンでケアすると早く治ります。

 

光線性花弁状色素班

シミのある女性
老人性色素斑など、いわゆる普通のシミは長年じわじわと浴び続けた紫外線によるものですが、光線性花弁状色素班は水ぶくれやヤケド状になるような強烈な紫外線によってできるシミです。
特に色白の人や、日光で赤くなる人にできやすいと言われており、紫外線を浴びた数ヶ月後など比較的早く肌に現れます。
日焼けしても肌が黒くならない人は特に注意が必要ですね!

 

シミの見た目とできやすい部分

このシミは名前の通り、花びらやこんぺいとうのような形の不揃いなシミが数多くできます。
色は茶色で大きさは数ミリ程度。顔や肩などにできやすいといわれています。

 

予防と対策法

予防するには何よりも日焼け止めを徹底して塗ることが大切です。
水ぶくれになるほどの強い紫外線が原因なので、真っ赤になりやすい人はラッシュガードを着るのも有効です。
できてしまった場合は残念ながら美白化粧品ではほとんど消えません。
メラニンが真皮に落ちてしまっていることが多いので、美白化粧品やターンオーバーで排出することができないんです。
消したい場合はレーザー治療をする必要があります。
光線性花弁状色素班は細かく広範囲にできるシミ。
レーザーを受けるにしても高額になりやすいので、予防することが何より大切です。

 

セルフケアとクリニックを上手に使い分けよう

スキンケアをする女性

今回紹介したシミの予防と対策を見てみると、どれもできてしまったら自分で消すのは難しいということが分かりますよね。
今はまだ大丈夫でも、できる前に予防することが大切!
それには毎日欠かさない紫外線対策と、肌に合った美白化粧品でのケアをおすすめします。

そしてすでにシミができてしまったら、病院でレーザーや薬などの治療を受けることが最も効果的です。
最近はシミの種類に合わせた様々な治療法があり、値段もリーズナブルになってきているので、一度カウンセリングだけでも美容皮膚科に足を運んでみてください。
「自分でできるセルフケアとクリニックを上手に使い分ける」。
これこそが時間とお金をムダにしない効率的なシミ対策ではないでしょうか♪

 

40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア
30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Nao

著者の記事一覧

1984年生まれ。美容部員を経て、現在はライターをしています。
敏感で揺らぎやすい肌質&紫外線アレルギーなので、化粧品には並々ならぬこだわりがあります。
得意なジャンルは美白とアンチエイジング。
実際に私の肌で試したここだけの情報をお伝えしていきますので、参考にして頂けたら嬉しいです。
一緒に自分だけのキレイをつくっていきましょう♪

関連記事






ページ上部へ戻る