乾燥肌女子にオススメ人気CCクリームBest10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥肌で悩むのは冬の乾燥が厳しい時期だけという人もいれば、一年を通して肌の乾きに悩んでいる人もいるでしょう。
肌の乾燥はただ潤せばいいというものではありません。

表面に潤いを与えたとしても肌内部そのものが潤っていないと肌状態はいつまでたっても変わらず、ずっと肌の乾燥に悩まなければなりません。

 

CCクリームとBBクリームの違い

CCクリームとBBクリームの違いを知っていますか?なんだかどちらも似たようなイメージがあるかと思います。
先に出てきたのはBBクリーム。
これは、傷をカバーしながら肌をキレイに見せるファンデーションに近いコスメです。

一方のCCクリームは色をコントロールして光の反射によって気になる肌悩みをごまかす、BBクリームよりナチュラルに仕上げたい人にぴったりの化粧下地ベースのコスメです。
どちらにも共通しているのは、一本で何役もこなしてくれるということと紫外線カット力があるということですね。
素肌に近い仕上がりを目指すならCCクリームをそしてカバー力がしっかり欲しいときはBBクリームを選ぶといいでしょう。

 

乾燥肌の人がCCクリームを使うメリット


乾燥肌だとメイクをするときに粉吹きに悩む方もいることでしょう。
これは、本来剥がれ落ちるはずの古い角質がうまく剥がれ落ちられずに肌表面でヒラヒラ状態になっているために発生してしまいます。

この症状を落ち着かせるには、肌のターンオーバーを促進してあげなければなりませんが、メイクをするときになってすぐに肌のターンオーバーをどうにかできるなんてことは不可能です。そのため、ケアしながらメイクするという方法がベストです。

CCクリームは他のメイクアップコスメよりもスキンケア効果が高いので、肌の状態を潤しながら肌を整えていくことができます。

 

CCクリームで得られる嬉しい効果

CCクリームは化粧下地+スキンケア効果を合わせたコスメなので、ベースメイクを楽に仕上げたい人や肌に優しいメイクをしたい人にぴったりです。
肌が乾燥しているときに、メイクでどんどん肌に塗っていくと、肌のうるおいが吸い取られていきます。

そこにうるおい成分を配合することで、メイクしながらスキンケアができ、メイクオフしても肌がつっぱることなく、もっちり感がキープできます。
本来なら、メイクしない方が肌にとっては負担とならないので良さそうですが、CCクリームを塗ることで、UVカットも行えて一日中スキンケアできるのでつけていた方が肌にとっては良いということもあります。

乾燥肌の人でも、肌色を明るく見せたい、メイク感ではなく、素肌を美肌に見せたい人は使うべきマストアイテムですね。

 

CCクリームの使いこなし術


CCクリームはファンデーション機能もありますが、どちらかといえば化粧下地+スキンケア機能といった効果があります。

CCクリームは、休日のナチュラルメイクやUVカットとして使ったり、ばっちりメイクをしたいときは、CCクリームの上からファンデーションを薄く重ねるとメイク崩れも少なく、肌から乾燥も守ることができます。

CCクリームは、肌のうるおいを守るために水分や油分が多めに配合されているので、テカリが気になる場合は、CCクリームをつけたらまず両手で顔を包み込み、しっかりと肌になじませましょう。

そして、余分な油分をティッシュで軽く抑え、Tゾーンはルースパウダーをつけるとより崩れにくい肌になります。また、カラーバリエーションがあるときは、明るい色と暗い色を使い分けることで顔に立体感がでてきます。

つけるときは、一度につける量を少なくして重ねづけすると厚塗りせずに済みます。ただ塗るだけではなく、ちょっと手間を加えるだけでより一層肌をキレイに見せることができます。

 

乾燥肌にオススメCCクリームBEST10

クリームや美容液、肌色補正、化粧下地、ファンデーションといった役割を一つでこなすCCクリームの中でも、保湿効果の高いものを選ぶことで肌そのものを乾燥状態から救い出してあげましょう。

1位:薬用スキンケアベースCC(医薬部外品)


薬用スキンケアベースCC(医薬部外品)

価格:2,700円(税抜き)
容量:25g SPF20・PA+++

乾燥肌や敏感肌、ニキビやデリケートな肌にも使える薬用CCクリームです。
乾燥によるくすみ、肌荒れにも対応してくれます。カラーは3色で、ナチュラルベージュ、ブルーグリーン、ベビーピンク。
保湿力と密着力があるので、乾燥による化粧崩れや毛穴の目立ちも防いでくれます。肌に優しくて伸びが良いので、コスパの面でもおすすめです。

敏感肌のベースメイクはdプログラムのCCクリームがおすすめ♪

2位:米肌 澄肌CCクリーム


米肌 澄肌CCクリーム
価格:3,500円(税抜き)
容量:30ml SPF50+・PA++++、全2色

澄肌CCクリームには、肌色をコントロールするパウダーやさらさらエアインパウダー、さらには毛穴ロックポリマーの配合により、肌を明るく毛穴の目立たないさらさらとした肌に仕上げてくれます。
肌補正をしながら、米から採れるオイルやノイバラ果実エキス、ダイズエキスといった植物由来の美容成分を配合しているので、つけることで肌をスキンケアすることもできるコスメです。UVカット力も高いので紫外線からのダメージを徹底ガードすることができます。

3位:ドクターシーラボ CCパーフェクトクリームベース

ドクターシーラボ CCパーフェクトクリームベース
価格:3,564円(税込み)
容量:25g(約1~2ヶ月) SPF50・PA++++

毛穴、色ムラ、くすみをカバーして透明感のある肌に仕上げてくれます。
1本で日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの3役をこなしてくれるのでベースメイクとしてもオススメ。
厚塗り感もなく、ツヤのあるナチュラルな肌になるので、ナチュラルメイクやCCクリーム1本でメイクを完了させたい方にピッタリですよ。
無香料、無合成着色料、無鉱油物、パラベンフリー、アルコールフリーで肌にも優しいです。

4位:ナチュラグラッセ メイクアップクリーム

ナチュラグラッセ メイクアップクリームNO1シャンパンベージュ
価格:3,024円(税込み)
容量:30g SPF44・PA+++

石鹸でも落とせるオールインワンの化粧下地です。
薄付きですが毛穴、肌のゴワつきを整えて、くすみ・ムラのない肌に仕上げてくれます。
テクスチャーもなめらかなので伸びも良いです。
肌に優しいので乾燥肌、敏感肌の方にもオススメですよ。

5位:SK-Ⅱ アトモスフィアCCクリーム

SK-Ⅱ アトモスフィアCCクリーム
価格:9,180円(税込み)
容量:30g SPF50・PA++++

使い続けるほどに肌がキレイになっていくCCクリームです。
リピーターも口コミ数も多く、血色感のあるツヤ肌になると人気のアイテム。
夕方まで肌がくすまず、長時間崩れないメイクが続きます。

6位:エスプリーク CCベース モイスト

エスプリーク CCベース モイスト
価格:2,800円(税抜き)
容量:30g SPF50・PA++++

シミや赤み、くすみをカバーしてくれるCCクリームです。
保湿成分がたっぷり配合されているので乾燥肌の方におすすめ。
化粧崩れも防いでくれるので、ツヤ感のある肌が長時間続いてくれます。
CCベースモイストを塗った後、軽くパウダーを乗せるだけでキメの整った肌になりますよ。

7位:つむぎ CCクリーム(医薬部外品)

つむぎ CCクリーム(医薬部外品)
価格:2,916円(税込み)
容量:30g SPF30・PA++

1本で化粧下地、美容液、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラー、クリームの6役をこなしてくれる美白CCクリーム。
有効成分のプラセンタエキスがシミ・そばかすを防ぎ、2種類のヒアルロン酸が肌を乾燥から守ってくれます。
パラベン、紫外線吸収剤、合成色素、合成香料、鉱物油不使用で国内製造と安心のCCクリームです。
美白ケア、紫外線対策、保湿ケアが肌に優しくできます。

8位:ファシオ CCリキッドタッチプルーフ

ファシオ CCリキッドタッチプルーフ
価格:1,500円(税抜き)
容量:全2色 SPF40・PA+++

1本で美容液、乳液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの5役をこなしてくれます。
ウォータープルーフなので汗、水、皮脂に強いです。
毛穴やくすみ、色ムラを長時間ナチュラルにカバーしてくれるプチプラCCクリーム。

9位:ジルスチュアート エアリーティント ウォータリー CCクリーム UVヴェール

ジルスチュアート エアリーティント ウォータリー CCクリーム UVヴェール
価格:3,200円(税抜き)
容量:34g SPF50+・PA++++

ジルスチュアートの人気CCクリームがリニューアル。
毛穴、くすみ、色ムラを自然にカバーして整えてくれます。
ナチュラルに肌の血色が良くなり、ふんわりとしたキレイな肌になりますよ。

10位:ヒロインメイク ビューティーチャージ CCクリーム

ヒロインメイク ビューティーチャージ CCクリーム
価格:1,200円(税抜き)
容量:30g SPF45・PA+++

保湿力のあるCCクリームです。
ツヤ感を出したい、ナチュラルに仕上げたいという方におすすめ。
伸びが良く、少量で均一間のある肌に整えられます。

おわりに

メイクはただ肌をキレイに見せるだけではありません。
メイクがうまくいくと気持ちまでハッピーになるものです。
それはたとえ肌が乾燥していても同じことですよね。

CCクリームはスキンケアからベースメイクまで丁寧に行うと数十分かかるものをたった3分もあれば肌を仕上げてくれます。単に色をつけるのではなく、肌色をトーンアップさせ光の反射を上手に使い、素肌がまるでもともとキレイだったかのようにしてくれます。

乾燥肌はうるおいが少なく肌のくすみも気になりますよね。”スキンケアしながら、メイクできればいいのに”という要望をまさに実現してくれたのがCCクリーム。一本あるのとないのとではあなたのメイクの楽しみ方もきっと変わってくるはず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事

ページ上部へ戻る