抜くのはNG!女性の鼻の下ヒゲの原因と正しい処理法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
抜くのはNG!女性の鼻の下ヒゲの原因と正しい処理法

今回は女性のヒゲについて、原因や対処法を書きました。
あなたは髭が生えますか?
ストレス社会な昨今、女性でも髭にお悩みの人は何気に多いと思います。

原因は大体わかってるから手っ取り早く処理法が知りたい!と言う人は是非目次をご活用ください。

目次

  1. 夫に指摘されて自覚…本人が思っているより目につく髭
  2. 女性も髭が生えることがある
  3. 原因は乱れたホルモン!髭が目立ってきたら不調のサイン!
  4. ホルモンバランスが乱れる生活習慣
  5. 毛抜きはNG!おすすめの髭の処理方法4選
  6. おわりに

夫に指摘されて自覚…本人が思っているより目につく髭

口を隠す女性
実は私も髭が生えて気にしていたことがあります。
きっかけは夫の一言。
ある日突然「…あれ?ちょっと待て!」と、夫が私の顔をがしっと掴んで固定すると口元を凝視しました。
そして一言、「ヒゲが生えてるよ!(汗)」

私だって人間なんだから産毛くらい生えるわー!と思いながら鏡を見てビックリ。
産毛ではなくしっかりとした髭が口角の横にポツポツと生えていました。

私は普段、髭剃りや顔ぞりはしていませんでした。
しかも在宅仕事でインドアな為、毎日しっかり鏡で自分をチェックもしていませんでした。
そのせいか結構な長さに伸びていました。
女性でも髭が伸びることがあるという事は知っていましたが、まさか自分にもこんな立派な髭が生えるなんて…ショックでした。

私と同じように、彼氏や旦那さん、お友達から指摘されてショックを受ける人も少なくないようです。
やはり顔の真ん中辺りにある毛ですから、本人が思っている以上に他人は気になるんですよね。
また、室内では気にならなかったのに、日光の下に出た途端目立って見える場合も…。

女性も髭が生えることがある

髭剃りをする女性
『女だから髭は生えない!』と思う人も居るかもしれませんが、女性でも髭は生えます。
薄くて目立たないだけで、女性も皆顔にうっすら産毛が生えているんです。
そしてそれが濃いと立派な髭に見えてしまいます。

もともと体毛が濃い目の人も居ますし、普段は本当にうっすら産毛なのに一時的に濃くなると言う人も居ます。
この女性の産毛が濃くなるのには理由があります。

原因は乱れたホルモン!髭が目立ってきたら不調のサイン!

髭を剃る男性
子供の頃から体毛は濃い目だったという人は問題ありません。
ただ、今まで気にならなかったのに最近目立ってきた気がする…という場合は、ホルモンバランスの乱れが疑われます。

人間は、男性ホルモンと女性ホルモンの2つを持っています。
この二つのホルモンは、男らしさや女らしさといった性的な部分を左右しているホルモンです。
女だから女性ホルモンしか持っていない、という訳ではなく、男女とも2つのホルモンを持っています。

女性ホルモンの働き

・丸みを帯びたやわらかい体つきをつくる
・髪や肌をキレイにする
・妊娠の準備を整える
・自律神経を安定させる

など。

男性ホルモンの働き

・筋肉質でゴツゴツした体つきをつくる
・皮脂の分泌
・体毛を増やし濃くする
など。

他にもいろいろあるのですが、見た目や体調に現れやすい働きは上記のようなものがあります。

女性ホルモンが多ければ女性的な特徴が多くなりますし、男性ホルモンが多くなれば男性的な特徴が現れます。
この二つのホルモンは、女性の体内でバランスを保って作られ存在しています。
しかし、何らかの理由で片方のホルモンが優位になると、普段とは違った症状が体にあらわれてきます。
つまり、女性の髭は、何らかの原因によって男性ホルモンが優位になっているためだと考えられます。

ランジェリー
一般的に、女性にとっては女性ホルモンは良いもの・男性ホルモンは悪者として捉えられていると思います。
何故なら、男性ホルモンが増えてしまうと、皮脂が増えて毛穴が目立ったテカりに悩まされます。
髭ももちろん、腕毛や脛毛も濃くなります。
さらに、お肌のキメ細やかさが失われますし、髪もパサパサに。
女性ホルモンには精神を安定させる働きもありますので、女性ホルモンが劣勢になる事でイライラや落ち込みが激しくなるのも嬉しくありません。
このように女性にとってマイナスな事が沢山起こってしまうからです。

加えて、女性ホルモンは妊娠の準備をする働きがあります。
お腹の中に赤ちゃんのベッドをつくるのです。
しかし、妊娠しなかった場合このベッドは不要になり体外へ出すことになります。
これが毎月起こる生理です。
ホルモンバランスが乱れると生理不順が起こることがあります。
生理が順調に来ないなんていうことは、女性の体に良い訳がありません。
要するに、髭が生えてくるということは、体の不調のサインだと考えられます。

ホルモンバランスが乱れる生活習慣

悩む女性
髭が気になったら生活習慣を見直してみましょう。
生活習慣が乱れると、体内のバランスも崩れ、それが原因でヒゲも濃くなってきているかもしれません。

①ストレス

頭痛がする女性
女性ホルモンはストレスに弱いと言われます。
人間関係や仕事、恋愛などでストレスは溜まっていませんか?

ストレスの感じやすさや発散方法は人それぞれです。

  • 女友達とお酒を飲みながら目いっぱい愚痴る
  • ショッピングへ出かけてお小遣いを思い切り使う
  • ダイエットなど気にせずたまには美味しいものを好きなだけ食べる
  • 家にこもってひたすらゲームをする
  • 何も考えず時間も気にせず寝まくる
  • ジョギングをしたり筋トレをして汗を流す

自分に一番合ったストレス解消法を見つけましょう。
私はやはり睡眠と運動が一番ストレス発散になると思っています。
運動嫌いな人は、運動は逆にストレスになる!と思うかもしれません。
しかし、体を動かして少しでも汗をかくととても気持ちが良くなります。
それには激しい運動でなくても構いません。
掃除機をかけるだけでも全身を使います。
スーパーへ買い物に行くだけ、犬の散歩へ行くだけ。
ベッドに仰向けになって腕をブルブル振るだけでもOKです。
めいっぱいゲームをやったあと、椅子に座ったまま肩をぐるぐるっと回すときっと気持ち良いと思います。

②睡眠不足

寝不足
ストレスの部分にもかぶりますが、質の良い睡眠はストレスの無い生活に欠かせません。
また、男性ホルモンは起きている時に分泌量が増えると言われているので、やはり睡眠時間の確保は重要です。

悩みや心配事などストレスが溜まった状態だと、なかなか寝つけないという事もあると思います。
そんな時は眠る前に心が休まる音楽を聴いたり、お風呂につかって体を温めたり、ホットミルクを飲むのがおすすめです。

睡眠の質を高めて美肌を目指そう!睡眠の質を高める7つのコツ睡眠の質を高めて美肌を目指そう!睡眠の質を高める7つのコツ

どうしても寝つきが悪い場合は不眠症なので薬に頼っていいと思います。
市販でも寝つきを良くする薬が売っていますし、メンタルクリニックに行けばあなたに合った強さの薬を処方してくれます。

睡眠改善薬

エスエス製薬 ドリエル

第(2)類医薬品
睡眠不眠改善薬 催眠鎮静剤

市販で買える有名な不眠対策の薬です。
6錠1,000円くらいで買うことが出来ます。

また、寝具を見直すのもおすすめです。
パジャマが窮屈だったり、枕の高さが合っていなかったり、布団が硬くて痛かったりすると睡眠がストレスになります。

彼氏とお泊りに♥オシャレでかわいいルームウェアブランド&通販店家でもお洒落に♥彼氏とお泊りに♥可愛いルームウェアブランド一覧
良い睡眠でいびき・腰痛改善!気持ちよくてカワイイ抱き枕特集良い睡眠でいびき・腰痛改善!気持ちよくてカワイイ抱き枕特集

寝具はかわいいデザインのものを選ぶことで、視覚的にも癒し効果が得られます。

③偏った食事

ジャンクフード/パーティーフード
これはホルモンバランスに限らず、偏った食生活は体に良いことがありません。
ファストフードに頼ったり野菜の少ない食事ばかりしているなと感じている人は、意識して食生活を改めましょう。

とくに、大豆製品に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしてくれるので、減少している女性ホルモンを補うことができます。
納豆や豆腐、おからなどがおすすめです。
これらの食品は腸内環境を整えるという面でも優秀です。
便秘解消の効果も期待できます。

毛抜きはNG!おすすめの髭の処理方法4選

髭を剃る女性
まず初めに、毛抜きで抜く処理方法は辞めた方が良いです!

髭と言っても、女性は男性ほど広範囲ではなく、鼻の下や口の角にポツポツ長めな毛が生えてくる感じが多いと思います。
数本なので毛抜きで抜いている方は多いのではないでしょうか?

毛抜きで抜くとその反動が肌をたるませる原因になるそうです。
さらに、毛抜きで抜くと埋没毛になってしまう可能性もあります。

埋没毛とは、毛の先端が外に出ず皮膚内側に埋まったまま毛が伸びてしまう状態です。
こうなると皮膚の中で毛が巻いているのが目立ちますし、処理するにも表面の皮膚を破かねば抜くこともできません。
一度埋没してしまうとその毛穴は何度抜いても埋没毛になってしまいます。
私はピンセットで抜いていた事が原因でワキに2箇所埋没毛があります。
皮膚の中で炎症を起こしてしまう事もよくあり、何度も皮膚を破いていたら痕になってしまいました。

顔の真ん中に埋没毛が出来てしまったら目立って大変です。
毛抜き処理は辞めて、正しいやり方で処理しましょう。

①自分で剃る

髭を剃る女性
一番お金がかからず手っ取り早い方法です。
顔用と書かれたカミソリか、もしくは顔用の電動シェーバーで行います。
正しい処理方法についてはこちら↓の記事で現役美容師さんがわかりやすく紹介していますので参考にしてみてください。

髭を剃る女性女性にも必要!女性のための顔剃りあれこれ

ただ、毎日剃ればやはり肌に負担がかかりますし(上記の記事では顔剃りは月1がおすすめと書かれています)、手元が狂ってうっかり切ってしまう可能性もあります。
顔の中央を切ってしまったらかなり目立って悲惨です。
行う時は正しく注意して行ってください。

電気シェーバー

パナソニック フェリエ フェイス用

肌を傷つけにくい丸い刃で、石けんやローションなしで剃れます。
肌の凹凸に合わせて動く密着スイングヘッドなので、頬骨やエラなど難しい部分も楽に処理できるのがポイントです。
電気シェーバー初心者におすすめ。

②プロにシェービングしてもらう

男性美容師とお客さんの女性
プロに髭を剃ってもらうと言うと、男性が理容室でしてもらうイメージですよね。
しかし最近はヘアサロンにもレディース顔剃りというメニューがあるんです。
シェーバーで顔全体の産毛を処理し、眉を整えてくれたりします。
えりそりやクレンジング、美容液を使ったフェイシャルマッサージなどをセットにしていると贅沢なプランもあります。
施術代はその美容院や内容によって違いますが、私が知るサロンでは大体1500円~5000円くらいという印象です。

自分でやるのと違い皮膚を傷つけてしまう可能性が低く、キレイにつるつるな肌が長持ちします。
肌が明るくなりメイクノリもかなり良くなるので、自分で剃るよりはプロに任せる方がおすすめです。

遠出しないと顔剃りをしてくれるサロンが無かったり、毎回はお小遣い的に厳しいという場合は、絶対に失敗できない大事なデートやイベントの時だけ利用するのも良いと思います。

③脱毛する

スキンケアをする女性
お金に余裕があれば脱毛が一番キレイになります。
お金や時間はかかりますが、確実にツルツル肌が手に入るのでおすすめです。
ツルツルになってしまえばかなりの期間処理しなくて済みますし、何より肌を傷つけません。
ミュゼなど有名サロンで顔の脱毛をやっていますので、色々チェックしてみてください。

ミュゼ 公式サイト

④クリームで抑制する

美容クリームを塗る女性
脱毛ではなく、除毛でもない、新感覚なクリームを塗るだけの抑毛ケアです。
本当にただクリームを塗るだけなのですが、抑毛効果の高い成分が配合されていて、太い毛を徐々に細く産毛へと変化させてくれます。

口コミでは、
・剃る処理がいらなくなって楽ちん!
・鼻の下のコンシーラーが不要になった!
・少量で済むからコスパ◎!
などの声が挙がっていて、これからさらなる注目が期待される髭ケアです。

抑毛タイプ髭ケア

ノイス(NOISU)

女性の髭の原因は、女性ホルモンの低下に拠ることに着目して作られた女性の髭ケアクリーム。
大豆エキスやプエラリアエキスなどの女性ホルモンに似た働きがあると言われる成分が配合されています。
毛穴をキュッと引き締める・保水力や透明感を高めるなどの効果も持っています。

髭への効果だけでなく、美容効果も高いので肌が弱い人におすすめです。
また脱毛するほど金銭的に余裕がない人や一本一本が結構しっかり濃い目な人にも良いと思います。

おわりに

イヤリング ピアス
ヒゲなどのムダ毛は、自分より他人の方が気になってしまうものです。
私自身、気になり始めたのは夫からの指摘でしたし、学生時代全体的に体毛の濃い友達の産毛が気になっていたという経験もあります(指摘はできませんでしたが結構気になって見ちゃってました^^;)

また、今までは平気だったのに急に髭が濃くなってくることもあります。
これはまさに生活習慣が乱れている可能性大です。
私も一時的に急に髭が濃くなり、その時期は睡眠不足とストレスが酷かったので心当たりが有りまくりでした。

女性なのに髭が生えるって結構恥ずかしかったりします。
もし他人から指摘されたりすればかなりの心的ダメージを受けます(苦笑)
ホルモンバランスを崩さないよう、常に体に良い生活を心がけたいですね。

絶叫!太〜い髭が生えてきた!女性を悩ませる招かれざる髭の正体絶叫!太〜い髭が生えてきた!女性を悩ませる招かれざる髭の正体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Aya

著者の記事一覧

こんにちは、趣味は掃除と通販、嫌いなものは人ごみというインドアなアラサ―主婦です。
27歳を迎えた頃から急激にお肌の老化を感じ、ズボラながらに美容を意識するようになりました。
Lierでは化粧品のレビューやおすすめしたいカワイイものなどの紹介をしていきます。
大学で学んだ心理学と、女の職場で働いた経験を活かして、人間関係やストレスについての記事も書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る