髪が乾燥する冬はトリートメントで対策を!対策&改善法を教えます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると髪がパサパサしたり、広がりやすくなったりしませんか?
ヘアースタイルがきまらないと、その日の気分も落ちてしまったりしますよね。

そんな冬に起きる髪の毛の乾燥の原因から対処法まで、冬にできるヘアケア方法をご紹介します!

 

冬は空気の乾燥と暖房でパサつきやすい

冬は季節の中でもとくに乾燥します。
中でも1~2月は湿度が20~30%しかないので、もっとも乾燥しやすい時期なのです。

また、寒くなると室内では暖房をつけると思います。
その暖房は空気中の水分を取ってしまうので、より髪が乾燥してしまうのです。

髪が乾燥することで起きるトラブルとは?


髪の毛が乾燥してしまうと、髪のキューティクルが剥がれやすくなります。
すると、剥がれたところから更に水分が蒸発し、髪がまとまらなかったりパサついたり、広がりやすい髪になってしまうのです。

他にも…
・枝毛が増える
・抜け毛が増える
・フケが多くなる

などのトラブルが起きてしまいます。

フケが多くなるのは、空気の乾燥や暖房が髪だけではなく、頭皮にもダメージを与えるからです。
冬になると頭皮がかゆくなる方は、髪の毛以外にも頭皮が乾燥しているということになります。

 

乾燥から髪を守る方法

エアコンの風向きを調節する

エアコンの温度や風向きなどで部屋はどんどん乾燥していきます。
もちろんその乾燥は髪、頭皮、肌にも影響を与えていきます。

そのため、エアコンのついた室内に長時間居る時は、エアコンの風が直接、髪の毛に当たるのを避けましょう。
また、デスクワークの場合はデスクの上にコンパクトなサイズの加湿器を置いたり、部屋に加湿器を設置して湿度を上げるなどの工夫をすると良いですよ。

髪の毛を洗う前はブラッシングをする


お風呂に入ってシャンプーをする前に、まずは髪が乾いた状態で優しくブラッシングをしましょう。
1日動き回っていると、髪の毛にはホコリや汗、皮脂などの汚れが絡み合った状態になっています。
そのため、髪を洗う前にブラッシングをすることで、ホコリや髪の毛の絡みが解消されて、シャンプーの泡立ちも良くなって洗い残しも防ぐことができますよ。

美髪の秘訣はヘアブラシ?正しいブラシの選び方とおすすめヘアブラシ美髪の秘訣はヘアブラシ?正しいブラシの選び方とおすすめヘアブラシ

シャンプーはよく泡立て、ぬるめの温度で洗う

髪を洗う時は、シャンプーをしっかりと泡立ててから髪につけて洗いましょう。
事前に泡立てておくことで、シャンプーの泡が汚れを包み込んで落としてくれます。
また、髪の毛同士が擦れてキューティクルがめくれることがないので、髪を傷めずに洗うことができるのです。

そして、シャワーで洗い流すときはぬるめの温度で流しましょう。
熱い温度で洗ってしまうと、髪や頭皮の乾燥を招いてしまうので避けてくださいね。

シャンプーを変えて美髪になろう!おすすめシャンプー6選シャンプーを変えて美髪になろう!おすすめシャンプー6選

髪の毛を濡れたままにしない

お風呂から上がると、ついついスキンケアを優先してしまって、髪のことは後回し…という方は注意しましょう。
濡れたまま髪を放置してしまったり、自然乾燥させてしまうと、キューティクルが剥がれやすい状態が続いてしまい、髪を乾燥させてしまう原因になります。

お風呂から出たら、まずはタオルで水分を優しく拭き取りましょう。
頭皮はタオルで軽く手もみをするように押して、髪はタオルで両側からはさんでタオルドライすると良いですよ。

長時間ドライヤーを髪に当てない

髪を乾燥させないためにも、ドライヤーは長時間当てないようにしましょう。
ドライヤーを使うときは髪から20cmほど離し、同じところにずっと温風が当たらないようにして乾かしてください。

ドライヤーを当てる順番は、頭皮と髪の根元→毛先の順に乾かしましょう。
ある程度乾いたら冷風で仕上げるのがオススメです。
キューティクルが引き締まって、髪にツヤが出やすくなりますよ。

髪の毛がサラサラに!?低温ドライヤーがスゴ過ぎる!髪の毛がサラサラに!?低温ドライヤーがスゴ過ぎる!

 

冬の髪にはトリートメントがオススメ!

コンディショナーやリンスは髪の表面に吸着するのですが、トリートメントは髪の中まで浸透していくので、乾燥がとくに気になる冬場はトリートメントを使いましょう。
トリートメントは髪の乾燥を防いで改善してくれるだけではなく、カラーリングやパーマなどで受けたダメージも補修してくれます。

どんなトリートメントを使えばいいの?

トリートメントには、洗い流して使うトリートメント(インバストリートメント)と、洗い流さすに使うトリートメント(アウトバストリートメント)の2種類あります。

★洗い流すトリートメントの特徴
髪の内部からダメージを補修してくれます。
洗い流すトリートメントは、同じメーカーのシャンプーと組み合わせると効果を実感しやすいと言われています。
★洗い流さないトリートメントの特徴
髪をドライヤーの熱や摩擦から守ってくれます。
ダメージを予防することが可能で、髪にツヤ感を与えてくれます。

自分の髪ダメージを確認しながら、内側から補修したいのか、外側から保護していきたいのかを選んでいきましょう!

 

洗い流すタイプのおすすめトリートメント

パンテーン


エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント

こちらはドラッグストアなどで購入できるトリートメントです。
お手軽に購入できるのに、まるでサロンのようなトリートメントを体験することが可能。
細かい髪ダメージを補修し、切れ毛や枝毛まで予防してくれます。
コスパも良いのでトリートメント選びで迷っている方にはオススメですよ♪

ラックス


スーパーリッチシャイン ダメージリペアリッチ補修トリートメント

ヒアルロン酸オイルとアルガンオイルを配合したトリートメントです。
パサつきやゴワつきが気になる髪を落ち着かせ、髪にツヤ感やうるおいを与えます。
内側と表面からダメージを補修してくれるので、傷んだ髪にピッタリですよ。

TSUBAKI


プレミアムリペアマスク

保湿効果と髪ダメージの補修に優れた成分が、髪の奥深くまで浸透していきます。
美容成分が瞬時に浸透して、髪の内部にとどまってしっかり密着。
毛先まで極上のなめらかさを体験することができますよ。

600美容師が教える!トリートメントの選び方とおすすめランキング

 

洗い流さないタイプのおすすめトリートメント

利尻ヘアクリーム


洗い流さないトリートメント

髪や地肌に優しい無添加・ノンシリコーンのトリートメントです。
オーガニックの植物オイルなど50種類にも及ぶ美髪成分が、サラサラの手触りに仕上げてくれます。
ドライヤーの熱に反応して髪を補修する「アミノリペア作用」が、スタイリングをするたびにダメージを補修してくれますよ。

ロレアルパリ


エクストラオーディナリー オイル ピュア セラム

無香料でオイルタイプのトリートメントです。
オイルなのにベタつかず、指通りがなめらかな髪に仕上がります。
6種類のフラワーエキスとオイルが、しっかりと髪にうるおいを与えてくれますよ。

ロレッタ


ベースケアオイル

髪につけた瞬間、ローズの香りが包み込んでくれるオイルタイプのトリートメントです。
オイルなのにサラサラの触り心地と仕上がりになります。
毛先の広がり、ゴワつきが気になる方にオススメです。

ドライヤーで髪の毛を乾かす女性美容師おすすめの洗い流さないトリートメント

 

トリートメントのつけ方

お風呂で使用する洗い流すタイプのトリートメントは、毛量にもよりますが、ミディアムヘアーで500円玉ひとつ分ほどを目安に、毛先から中間に向かって揉みこむようにつけていきましょう。
根元にトリートメントがついてしまうと、毛穴が詰まって肌トラブルに繋がってしまうので、地肌につかないように気をつけて使ってくださいね。
つけ終わったら、そのまま5~10分置きましょう。
お風呂の蒸気がスチーム効果となり、髪に栄養が浸透していきますよ♪

一方、洗い流さないタイプのトリートメントは、主にタオルドライをした後に使用します。
手にトリートメントを出したら手のひらで伸ばし、髪の真ん中から毛先に向かって優しく揉みこむように付けましょう。
毛先のダメージが気になる場合は、もう一度トリートメントを手にとり揉みこんでください。

 

ヘアオイルをつけるともっとサラサラに♪

トリートメントとあわせてオススメなのが「ヘアオイル」です。

ヘアオイルは、天然オイルや合成油脂を使って作られているものが多いです。
中でも、植物性のオイルを使ったヘアオイルが髪にも頭皮にも優しいのでおすすめ♪


チャップアップ ヘアオイル

チャップアップのヘアオイルは、

・オリーブオイル
・アルガンオイル
・ヤシ油
・ホホバオイル

といった4つのオーガニック成分が使われています。
頭皮に優しいのはもちろん、乾燥して傷んだ髪も補修してくれますよ。

ヘアオイルはベタつきが気になることが多いのですが、チャップアップヘアオイルは手も髪もベタつきません
サラサラしていて、髪にもすぐなじみます。

チャップアップヘアオイルは、返金保証書付きなので初めて試す方にもおすすめです
気になった方はぜひチェックしてみてくださいね♪

公式サイト

秋冬の髪には「ヘアオイル」を♪乾燥を防いでサラサラヘアになりましょう

 

日常生活では「食事」と「睡眠」が大切

健やかで美しい髪をつくるためには、毎日の食事と睡眠がポイントとなってきます。

髪の元、たんぱく質を摂る


冬の乾燥に負けない髪を育むためには、髪の元になるたんぱく質が含まれた食材を食事に取り入れましょう。
たんぱく質が豊富な食材は、牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類、魚介類、卵、乳製品、大豆製品などです。
スーパーなどで手に入る食材ばかりなので、毎日の食事にプラスしてみてくださいね。

ツヤのある髪には油も大切

油ものはダイエットや美肌の天敵というイメージがありますが、油をほとんど絶ってしまうとツヤのある髪を育むのに支障が出てしまいます。
極端に油ものを控えるのではなく、食事の中でしっかりと摂るようにしましょう。

オススメはオリーブオイルです。
髪のツヤだけではなく、美肌や美容面でも良い効果がたくさんありますよ。

体を冷やさない食事をとる

冬はとくに体が冷える季節です。
体が冷えてしまうと血行が悪くなり、髪の毛に栄養が届きにくくなります。
体を冷やさないためにも、体を温めてくれる生姜や根菜類などを摂るように意識してみましょう。

冬はお鍋やスープなどを食べる機会が増えます。
温かい食べ物と、温めてくれる食材を一緒に食べていきましょう♪

しっかりと睡眠をとる


睡眠が不足してしまうと血管が収縮し、栄養が頭皮へ届きにくくなります。
そうすると、健やかな髪を育めないだけではなく、髪にハリやコシがなくなったり、抜け毛が増えてしまうこともあるのです。
夜更かしはなるべく控えて、22~2時の間に睡眠をとるように心がけてみましょう。

 

毎日のヘアケアで髪は改善できる

いかがでしたか?
冬のパサついた髪に悩んでいる方、諦めていた方は毎日の習慣やヘアケアで改善することができます。
また、ヘアケアは冬だけに限らず、1年を通して続けることで健やかな髪を保つことができますよ♪
今日からぜひ実践してみてくださいね。

こちらもどうぞ

30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事

ページ上部へ戻る