何をすると喜ばれる?妻へのおすすめ結婚記念日プレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
何をすると喜ばれる?妻へのおすすめ結婚記念日プレゼント

あなたは結婚記念日を大切にしていますか?
この記事に辿り着いているということは、毎年記念日をお祝いしている方かもしれませんね。
今まであまり重要視していなかったけど、何かしら考えに変化があって『今年はお祝いしよう』と思っている人もいるかもしれません。

結婚記念日は、夫婦の絆の再確認や日頃の感謝を伝える事ができる大事なイベントです。
この先も長く夫婦で幸せに生活をしていくために、奥さんへ素敵な結婚記念日の贈り物をしましょう。
今回の記事は既婚者の男性向けに書きました。

もくじ

  1. 妻への結婚記念日プレゼントの相場 生活に合わせた予算で
  2. 妻が喜ぶおすすめの結婚記念日プレゼント
    1.アクセサリー類
    2.食事・旅行
    3.二人で食事を作る
    4.ケーキを買う
    5.記念写真を撮る
    6.家事サポートグッズ
    7.記念日にちなんだプレゼントを選ぶ
    8.お花を贈る
    9.愛のこもった手紙
  3. 奥さんの状況に合わせたプレゼント選びを
  4. 仲良し夫婦ほど結婚記念日を大切にしている傾向がある
  5. いい加減に済ませない事が1番大事

 

妻への結婚記念日プレゼントの相場 生活に合わせた予算で

お金
夫から妻への結婚記念日のプレゼント予算は1万円未満が多いようです。
しかし実際は収入や年代、家庭環境によって予算も幅広いです。
数万円のアクセサリーを贈る旦那さんも居れば、いつもより少し豪華な夕食を用意したり、マッサージをしてあげるなど大きなお金を使わずに感謝の気持ちを伝えるご夫婦も居ます。
結婚記念日に合わせて海外旅行へ行くと言う人は、夫婦で50万円以上使ったりもします。

夫婦になるとお金の管理はあなた、もしくは奥さんがしているという事も多いですよね。
家計を管理している側が毎日一生懸命節約をしているかもしれません。
ですから、相場は気にせずに家の生活に合わせた金額でお祝いができれば良いと思います。

家計がカツカツな時なのに、何万もするプレゼントを贈るのは絶対NGです。
家計の負担にならない金額・もしくはあなたのお小遣いから出せる金額でお祝いをしましょう。

結婚記念日は「いつもありがとう。」「愛しているよ。」「これからもずっと二人で一緒に居ようね。」という気持ちを伝える日です。
必ず高額なプレゼントをしなければならないという訳ではありません。
相手の笑顔が見たいというあなたの気持ちが一番大切です。

 

妻が喜ぶおすすめの結婚記念日プレゼント

花束

具体的なプレゼントを提案いたします。

1.アクセサリー類


結婚記念日に関わらず、男性から女性への贈り物ではアクセサリーは定番です。
良いものであれば一生身に着ける事が出来ますし、シンプルな物なら日常生活で身に着けていてもおかしくありません。
身だしなみに気をつかっている奥様なら、ブランドのアクセサリーを贈ればきっと嬉しいでしょう。

アクセサリーをプレゼントするなら、特別感のあるものを選びます。
特別というのは、普段買わない様な高級感のあるものです。
例えば透明袋に入って売られるような、小中学生でも買えるものではなく、有名なブランドやデパートに売られているものを選びましょう。

ネックレスをつけた女性
指輪やイヤリングも良いですが、私はネックレスをおすすめします。
指輪は指のサイズを間違えてしまうとお直しが大変ですし、家事や仕事の邪魔になる事も多いからです。
結婚時と指のサイズが変わっている事もありますからね。
シンプルなネックレスは普段つけていてもおかしくないですし、家事や仕事の邪魔にもなりません。
サイズにも左右されないのがメリットです。

Tiffany & Co.

エルサ・ペレッティ ダイヤモンド バイ ザ ヤード ペンダント ダイヤモンド

139,320円
0.08カラットのダイヤモンドがプラチナにセットされたティファニーのペンダント。
シンプルなのでどんな服装にも合わせやすく、普段つけていても邪魔になりません。
0.18カラット以上のダイヤモンド鑑定書がつくので特別感もアップ。

Tiffany & Co.

ティファニー インフィニティ ペンダント(ミニ)スターリングシルバー

20,520円
古代から伝わる永遠の絆、エネルギーと生命力を象徴するティファニー インフィニティ。
石が使われていないので買いやすい価格です。
「これからもずっと一緒に居よう」という意味がこめられた特別なデザインです。

高島屋

Pt0.5ctダイヤペンダント

398,000円
0.5ctの大粒ダイヤが美しく輝くペンダント。
かなり高価ですが、平均より少し高収入な旦那様や、10年・20年目の節目などに贈るプレゼントとしておすすめです。

上記で紹介したような、シンプルな石を選ぶのがおすすめです。
ハートやリボンなど可愛らしいモチーフは「可愛すぎて好みじゃない」という女性も少なくありません。
お店の人に奥さんの年齢を伝えて、おすすめの候補を何点か出してもらえたら間違いないかと思います。

あとは、奥さんの肌に合うカラーと嫌いなブランドがないかどうかは知っておきたいところです。
「実はティファニー好きじゃない」みたいな事にならないように、可能なら事前に確認できると良いですね。

カラーは主にシルバーとゴールドどちらが似合うかです。
肌は黄みが強い(イエローベース)か青みが強い(ブルーベース)かによって似合う色が違います。
青みがかった肌の人がゴールドを身に着けると肌がくすんで見えたり折角のアクセサリーも映えません。
奥さんが肌のカラーは関係なくゴールドもしくはシルバーが好き!と言うのなら奥さんが好きなカラーを選んでOKです。
ゴールドもシルバーもどちらも好きという場合は奥さんの肌に合うカラーをプレゼントするのが良いと思います。
よくわからなければ普段奥さんがよく身に着けているカラーに合わせると良いでしょう。
一番NGなのは、普段奥さんがゴールドしか身に着けないのにシルバーを贈ってしまう事です。

 

2.食事・旅行(夫婦の時間)

乾杯するカップル
二人だけの時間が取れる場合は、リッチなレストランで食事をしたり、旅行に行くにもおすすめです。
夫婦二人の思い出が作れます。

食事をするならしっかりオシャレをしていくことが重要です。
当日になってお店が休みだったり、混雑していて席が取れないということが無い様、事前に予約しておくと良いですね。
お腹を満たすことも大事ですが、夫婦で会話をしながらお料理の味や盛り付けの美しさなどを楽しむことが重要です。
個室を予約するなど、なるべくゆっくり出来るお店を選びましょう。

出会った頃や若かった頃にデートでよく通った思い出のお店に行ってみるのもおすすめです。
懐かしい思い出話に花が咲いて、初々しかった頃が思い出されるでしょう。

笑顔の素敵な老夫婦
休みが取れれば旅行へ行くのも良いですよね。
温泉や食べ物がおいしいところで日頃の疲れを癒したり、夫婦二人の時間を楽しみましょう。
旅行へ行くならお互いに連休を利用するのが良いでしょう。
せっかくの旅行も、翌日仕事だと(明日は大事な会議か…)と心から楽しめません。
記念日当日が難しければ、無理して当日に行くより予定をズラす方が良いと思います。

休みが取れなくても、翌日そのまま出勤可能な距離にあるホテルに一泊するのもおすすめです。
帰れる距離なのに勿体ない!と感じるかもしれませんが、普段の生活圏内だとしてもホテルに1泊すると特別な時間を過ごせます。

 

3.二人で食事を作る

350
当日夫婦でお仕事がお休みならば、二人で買い出しに行って食事を作るという夫婦も。
子供やペットが居るおうちは、家族みんなでお祝いしたいですもんね。
私(30代主婦)も愛犬が居るので、ここ数年は家で少し豪華な食事にすることが多いです。
もちろん愛犬にもご馳走を用意しています。
夫婦でお互いに得意料理を1品ずつ作ったりしたら楽しいですよね。

普段奥さんが毎日のご飯を作っているなら、夫のあなたがメインでキッチンに立つのも素敵なプレゼントになると思います。

 

4.ケーキを買う


クリスマスや誕生日など、やっぱり特別な日ってケーキが食べたくなりますよね。
奥さんがおうちで豪華なディナーを用意してくれるなら、あなたからは奥さんへケーキを買っていくのはどうでしょう。

予約をしておけばプレートに希望のメッセージを書いてもらえます。
お店によっては「こんなケーキを作ってほしい」という要望に応えたデザインで作ってくれたりもします。
可愛いロウソクで『結婚○周年』を表現するのも良いですよね。

因みに私の家ではここ数年毎年ケーキです。
誕生日やクリスマス、ホワイトデーなど、何かとイベントの時には夫がケーキを買ってきてくれます。
やっぱりケーキって特別感があって、箱を開けた瞬間ウキウキしますし、嬉しいですよ。

食後に少し高級な紅茶やコーヒーを入れて、ケーキを味わいながらゆっくりお話を。
きっと素敵な時間になります。

5.記念写真を撮る


海外でニュースになっていましたが、毎年同じシチュエーション・同じポーズで写真を撮っていくもの。
毎年ウェディングドレスを着るというカップルも。

歳を重ねて少しずつ変わっていく二人を見返すと色々な気持ちが思い出されますね。
お互いに抱き合って写真を撮ったり、初々しい気持ちが蘇るでしょう。

 

6.家事サポートグッズ

ルンバ ロボット掃除機
家事は主に奥さん担当であったり、毎日家事育児に忙しいなら、奥さんの仕事をサポートしてくれる便利グッズもおすすめです。
例えばロボット掃除機や時短調理器など。
あなたが仕事に専念できるのは、きっと家で働いてくれている奥さんがいるからですよね。
いつもありがとうの感謝の気持ちを込めて奥さんへプレゼントしてみてはどうでしょうか。

サプライズにはなりませんが、奥さんにどんなサポートがあったら楽になるか聞けると良いですね。
洗い物が嫌いなら食洗器が良いでしょうし、腰が痛いから洗濯物を干すのはしんどいというなら乾燥機付き洗濯機が良いですよね。
私も主婦ですが、ペットの犬の毛が良く抜けて掃除機が大変なので切実にルンバが欲しいです。
家事も人それぞれ好き嫌い・得意不得意があるので、奥さんの意見を参考にしましょう。

最強!ロボット掃除機界の王

iRobot ルンバ980 R980060

100,000円前後
Wi-Fi搭載でスマートスピーカーから音声操作もできる最強のロボット掃除機。
流石、他社のロボット掃除機に比べると、小回りや使い勝手が全く違います。

安いのに優秀なロボット掃除機

ILIFE V3s Pro ロボット掃除機

16,900円
ロボット掃除機って機能も値段もピンキリなんですが、安いのを買うと大抵は役立たずでただ室内を動き回るだけの存在となります。
しかし、安いロボット掃除機の中でも優秀なのがこちらのILIFE V3s Proです。
化粧品や家電・食品などを本音で評価する人気雑誌LDKでも太鼓判を押されています。
やはりルンバと比べると劣る部分もあるのですが、2万以内とは思えない優秀さで十分奥さんのサポート役をこなすでしょう。
ルンバは高くて厳しいな…と言う人におすすめです。

安いのに優秀なロボット掃除機

Anker Eufy RoboVac11

19,800円(参考:Amazon)
こちらも安くても優秀なロボット掃除機。
ルンバに匹敵する性能の高さでとても賢くお部屋の隅々まで巡回してくれます。
化粧品や家電・食品などを本音で評価する人気雑誌LDKのロボット掃除機特集でも高得点を獲得。
2万以内のロボット掃除機の中ではこのアンカーとILIFE V3s Proが最高ランクです。

 

7.記念日にちなんだプレゼントを選ぶ


金婚式や銀婚式って聞いたことありませんか?
実は結婚記念日は金婚式や銀婚式以外にも沢山名前がついています。
この記念日にちなんだプレゼントを贈るのです。

【1周年】紙婚式
【2周年】藁婚式(綿婚式)
【3周年】革婚式
【4周年】花婚式
【5周年】木婚式
【6年目】鉄婚式
【7周年】銅婚式
【8周年】ゴム婚式
【9周年】陶器婚式
【10周年】錫婚式(アルミ婚式)
【11周年】鋼鉄婚式
【12周年】絹婚式
【13周年】レース婚式
【14周年】象牙婚式
【15周年】水晶婚式
【20周年】磁器婚式(陶器婚式)
【25周年】銀婚式
【30周年】真珠婚式
【35周年】珊瑚婚式
【40周年】ルビー婚式
【45周年】サファイア婚式
【50周年】金婚式
【55周年】エメラルド婚
【60周年】ダイヤモンド婚

このように、1年目の『紙婚式』には紙にまつわるプレゼントを贈ります。
手紙やチケットなど。
5年目の『木婚式』は、結婚生活が落ち着き安定してくる頃なので、夫婦が一本の大木のようにという意味を持っています。
また、大木が地面にしっかりと根を張る様子や生い茂る葉を、安定した家族を表しているとも。
その為、結婚5周年には木にまつわるプレゼントをするのです。
木製の食器など。
60年目はついにダイヤモンドとなります。

比較的安価なものからだんだん高価なものになっていくので、まだ新婚で貯蓄も少ないという人にもおすすめの選び方です。

ちなみに、結婚をした年は0年目となるので、結婚した翌年から1年目となります。
例:2017年6月に結婚した場合は2018年6月が1周年記念日

 

8.お花を贈る


お花は何かプレゼントに添える形で贈るのがおすすめです。
ネックレスやケーキ+お花。
大きく立派な花束では無く、ミニブーケを贈りましょう。
1倫でもOKです。
お花を添えるだけでさらに特別なプレゼントになります。
何故小さいお花が良いのかなど、お花の選び方についてはこちらの記事で詳しく書いているので是非参考にしてください。

誕生日や記念日に小さい花束を♥女性が喜ぶ迷惑にならない花の選び方と贈り方誕生日や記念日に小さい花束を♥女性が喜ぶ迷惑にならない花の選び方と贈り方

 

9.愛のこもった手紙


手紙は、普段恥ずかしくて面と向かっては言えない言葉や、日頃の感謝の気持ち、これからの未来の二人についてなどを伝えるのに最適のプレゼントです。
しかも、手紙は内容を考えたり、便箋を用意したり、時間をかけて用意するものです。
あなたの一生懸命な気持ちに、奥さんもきっと喜んでくれるでしょう。

手紙は何かプレゼントに添える形でわたすのがおすすめですが、なるべく低予算でお祝いをしたい時にもおすすめです。
旅行に行くために節約を頑張ってる時だからあまりお金が使えないなど、夫婦で都合もあると思います。
そんな時は小さな花束とお手紙を用意すれば素敵な記念日になると思いますよ。

 

奥さんの状況に合わせたプレゼント選びを


当たり前のことですがプレゼントを選ぶ時は、普段の奥さんを見てどんなものが喜ばれるかを考えて選びましょう。

お小遣いで服を買ったり美容院へ行ったりお洒落な奥さんならロボット掃除機よりアクセサリーやブランドバッグ類の方が喜ばれるでしょう。
逆に、今はオシャレより少しでも仕事を減らして時間やお金のゆとりが欲しいと考えている奥さんなら、アクセサリーよりは便利グッズが良いはずですよね。

予算の話でも触れましたが、奥さんが毎日節約を頑張っているのに、何十万もするブランドの品を買って来たら嬉しい反面モヤっとしてしまうでしょう。
それならマッサージをしたり、食事の用意を担当したりする方が喜ばれるはずです。

プレゼントは自分が使える金額の範囲内で、奥さんの生活に合わせたものをプレゼントしましょう。

 

仲良し夫婦ほど結婚記念日を大切にしている傾向がある


夫婦になって何年経っても、結婚記念日を大切にしている夫婦は良好な関係を保っている傾向があります。
どんなカップルも、恋をして付き合い始めた頃は相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら誕生日やクリスマスなどのイベントの予定をたてたと思います。
付き合って○ヶ月記念日というイベントもあったかもしれませんね。
二人で楽しみを共有していく中で、よりお互いの絆を深めていったはずです。
相手が好きだからこそ、喜んでもらいたい、一緒にハッピーな時間を過ごしたいと感じるのです。毎年結婚記念日をお祝いする夫婦は、恋人同士だった頃のような相手への思いを忘れていないということですね。

しかし、結婚をして夫婦生活を長く続けていると、多くの夫婦はお互いの距離が近すぎて相手を思いやる気持ちが薄れてきてしまったりします。
何もかもが新鮮でウキウキできた新婚生活に比べ、新鮮味の無い日常ではお互いに慣れやマンネリを感じてくるのは仕方が無いことかもしれません。
だからこそ記念日は、お互いに思いやりの気持ちや愛情の再確認、相手への日々の感謝を伝えるとても大きな意味のあるイベントとなります。
ドキドキ・ワクワク、新鮮さというのは夫婦関係を良好に保つ為に重要なんです。

結婚記念日を祝っていない妻ほど、夫を心の支えにしていない

ケンカをするカップル
マーケティングリサーチを行っている株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントが「結婚・家族観においての調査結果」という調査結果を公開しています。
その調査の中で、「夫は心の支え」と思うかという問に対し、「夫は心の支えではない」と回答した妻ほど、結婚記念日のお祝いをしていないという結果が出ているのです。

夫婦というのは色々な在り方がありますが、男性も女性も一人で十分生きていく事ができるような社会になってきている昨今、心の支えとせずにパートナーと一緒に居る意味とは何かを考えさせられます。
『健やかなるときも、病めるときも・・・真心を尽くすことを誓いますか?』と誓ったはずなのに、そんな関係は悲しいなと私は感じてしまうのですが…。
あなたはどう考えるでしょうか。

私は女性ですが、『記念日を大切にする夫婦は円満だ』というのは身近な友人を見ていても感じます。
毎年記念日のお祝いするという友人は、旦那さんを馬鹿にするような事を決して言いません。
勿論、生活中での愚痴をこぼす事はありますが、何だかんだ仲良しだよなと感じますし、旦那さんを生涯のパートナーとして大切にしているのも感じるのです。

“『結婚記念日のお祝い』実施有無と「配偶者は心の支え」意識には密接な関係がありそうだ”とした株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントの調査レポートは、夫婦生活を長く円満に続けるヒントとなると思いますので、良かったら読んでみてください。

「夫は心の支え」と思うかは結婚記念日のお祝いにあった
参考:R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント)

 

いい加減に済ませない事が1番大事


長々と書きましたが、一番大切なのはやはり気持ちです。
例えプレゼントがあまり使えない物だったり、ちょっと有難迷惑かな~という物だったとしても、奥さんは『旦那さんが自分の為に一生懸命用意してくれたんだ』という気持ちが一番嬉しいのです。

一番ダメなのはいい加減に済まそうとすることです。
「どれが分からないから適当に何か渡せばいいや」とか「お小遣いを使いたくないから安い物で済ましちゃおう」とか。
女性はカンが鋭いので、適当に済まそうとするとすぐに気付きます。
プレゼントがイマイチだった事よりもずっと傷つきますし、呆れます。

プレゼントは奥さんの笑顔を思い浮かべながら、一生懸命選んでください。
素敵な記念日を♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Aya

著者の記事一覧

こんにちは、旅行と通販が好きな30代の主婦です。
27歳の頃から急激にお肌の老化を感じ、ズボラながらに美容を意識するようになりました。
子供の頃からアトピーが悩みなので、私と同じような肌質の方へ、役立つ情報をお伝えできたら良いなと思います。
また、大学で学んだ心理学と、女だらけの職場で働いた事、摂食障害などの経験から、人間関係やストレス・ダイエットについての記事も書いていきます。







関連記事

ページ上部へ戻る