彼の言葉で傷ついた!!そんな時、正しく彼に気持ちを伝えていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悲しむ女性

彼の心もとない言動で激しく傷ついた…立ち直れない~

彼の一言で傷つけられた経験、少なくとも1度や2度はあるでしょう。
「ちょっと太った?」とか、ばっちりメイクなのに「あれ?スッピン?」なんて言われたら、ちょっとショックですよね。
自分のトラウマになっているような事を掘り返されたり、激しく非難されたりなど、かなり深い傷を負ってしまった経験がある人もいるでしょう。
そんな時、彼に正しく自分の気持ちを伝えられているでしょうか?
もしかしたら向こうは傷つけたつもりはないかもしれません。
それなのに、あなたが急に不機嫌になったり、怒り出したりするから、彼はどうしてよいか分からなくなるのです。
恋人同士で良い関係を保っていくためには、言いたいことをしっかり言わなくちゃいけません。
今回は、彼に傷つけられた時、上手に自分の気持ちを伝える方法を紹介します。

1.「今の言葉、傷ついたよ」とはっきり言う

ソファに座って話し合うカップル

もし彼の言葉で傷ついたのなら、そう口に出してはっきり伝えるのが一番の方法です。
基本的に女性の方が察しが良い生き物なので、女性にしてみたら、「言葉にしなくても分かるでしょ」と思ってしまうかもしれません。
しかし、それを言わないと、きっと彼は永遠に気づいてくれません。
その際は、決して感情的にならず、彼のどんな言動でどんな風に傷ついたのか、なんで傷ついたのかを説明しましょうね。

例えば、彼の前で化粧を落としたら、「スッピンやばいなー」なんて冗談っぽく言われたとしましょう。
たとえそれが冗談でも、あなたにとったらかなり傷つきますよね。
そんな時は、
「ねぇ、そういうの本当に傷つくから、言わないでほしいな」とやんわり言いましょうね。
「え?なんで?」なんて、彼がまだからかってきても、怒ってはいけません。

そんな時は、
「これでも努力して可愛くなろうと頑張っているんだよ。だから、そんなこと言われると傷つくんだよ。」
と、ちゃんと説明してあげましょう。
そうすれば彼もきっと「今のは悪かったんだな、傷つけたんだな、」と分かってくれるはずです。
この時、あなたもふざけていってしまうと、彼も本気にとってくれませんので、真剣に伝える事がポイントですよ。

2.彼に謝るチャンスを与える

彼にあなたの気持ちを伝えたら、謝るチャンスをあげましょう。
「言い過ぎたよ、ごめんね」という言葉が無ければ、彼はまだそれが「悪い事だった」と理解していません。
しかし、最初から「今の傷ついた!謝ってよ!」なんて責めたててはいけませんよ。
「傷ついたんだ」→「あ、そう」なんてシラをきるようなら、「ちゃんと謝って」と言うべきです。
謝るべき程、傷つけてしまったんだな、と分かってくれ、もう二度とあなたに同じことをしないはずです。

3.どうして傷ついたのかを伝える

ソファに座って話し合うカップル

「今の言葉で傷ついたから謝ってほしい」とただ伝えるだけでは、彼も釈然としないでしょう。
それが彼にとって小さな事であればなおさらです。
どうしてその言葉があなたにとって嫌なのか、理由を説明する事が大切です。
人は価値観が違いますから、もしかしたら理由を説明しても、まだ理解してくれない事もあるかもしれません。
それくらい、人と分かりあうと言うのは難しいのです。
ですから、100%分かってもらえなくても、分かってもらえるようにあなたも努力するのが必要なんですよ。

4.彼に考える時間を与える

喧嘩中のかなり意図的な発言など、彼にとって謝罪を認めたくないという時があります。
そんな時は、上の1~3を試したうえで、彼に考える時間をたっぷり与えてあげて下さい。
喧嘩になった時、あるいは本当に彼の中で傷つけるつもりが無かった場合など、どうしてあなたが傷ついたのかを考えたり、冷静になって謝るタイミングを考えたり、彼にとって時間は必要になってきます。
あなたにとったらすぐに彼の答えが欲しいかもしれませんが、そこはちょっと我慢してくださいね。
これがお互いの関係をより良くすることにも繋がりますから。

5.彼の言い分も聞く

男性の話を聞いている女性

もしかしたら、彼の意図していた事と、あなたの受け取り方が違っていた場合もあります。
彼はそんなつもりで言ったんじゃないのに、あなたが誤解してしまって、勝手に傷ついて…と、彼にとっては厄介以外の何物でもありません。
彼の弁明の余地も与えて下さい。

今回も、よくありがちなお化粧に例えてみますね。
「化粧すると凄く可愛くなるよね」なんて言われたら、「じゃあスッピンはかなり酷いってコト!?」とグサッときてしまいます。
でもこれ、彼にしてみたら、「メイク上手だし、可愛いよ」と褒めているだけかもしれません。スッピンが酷いなんて一言も言っていないのですから。
しかし女性にとったら、「スッピンがブスってことでしょ!悲しい!」なんて勘違いしてしまうのです。

そういう二人の行き違いも多いですから、彼がどんな意図をもって言ったのかを確認しましょうね。
「可愛い?ありがとう。でもそれって、スッピンがあまり好きじゃないってことなのかな?」と、やんわり自分の思ったことも交えながら言うと、より良いコミュニケーションができますよ。

おわりに

どうでしたか?
彼の言動で傷ついたとしても、その後の彼とのコミュニケーションをしっかり取ることで、お互いの気持ちのすれ違いを防ぐことができますし、彼にももっとあなたの事を知ってもらうキッカケにもなります。
また、彼の本意が分からない時や、自分の気持ちを伝えたい時は、普段から言葉にして伝えておくと、ますます二人の仲は深まっていきますよ。

参考元:all women stalk

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事


ページ上部へ戻る