夜のスキンケアと寝る前美容で潤い美肌を手に入れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

朝と夜のスキンケアはどう違う?
時間のある夜こそ丁寧にスキンケアを
目元・口元はクリームでケア
マッサージで1日のむくみを取る
お白湯で内側からもしっとり・すっきり
寝る直前にダメ押し保湿
夜は明日のキレイのために

 

朝と夜のスキンケアはどう違う?

350 朝と夜 スキンケア イラスト
一口に「スキンケア」と言っても、朝と夜のスキンケアは目的が違う事をご存知でしょうか。

朝のスキンケアは、寝ている間に乾燥して低下した肌バリア機能を回復させ、化粧品や紫外線、汚れによる負担を軽減するのが目的です。それに対して夜のスキンケアは、日中に受けたダメージを癒し、寝ている間に修復されて生まれ変わる肌のサポートをするのが目的です。

つまり朝のスキンケアはダメージ予防のためのスキンケア、夜のスキンケアはダメージ修復のためのスキンケアだと言えます。

また朝は化粧の前にスキンケアをするため、UV対策アイテムが加わります。また、さっぱりしたテクスチャの物が好まれがちです。それに対して夜は寝るだけなので、こっくりしたテクスチャのクリームなど、何でも好きな物を使えます。

朝に比べて時間にも比較的余裕があるためパックやマッサージなどのスペシャルケアを加えやすく、より丁寧なお手入れができるのが夜のスキンケアの特徴だと言えますね。

 

時間のある夜こそ丁寧にスキンケアを

アロマオイル
スキンケアは正しい順番で行うことで、きちんとした効果を得ることができます。

 クレンジング
  ↓
 洗顔
  ↓
 パック等
  ↓
 化粧水
  ↓
 美容液
  ↓
 乳液
  ↓
 クリーム

顔を洗った直後から乾燥は始まります。湯船に浸かるなどの理由で洗顔後すぐに保湿できないなら、お好みの美容オイルを1,2滴顔に馴染ませておきましょう。化粧水ブースターにもなりますし、多少は乾燥を防ぐことができますよ。

スキンケアに時間をかけられる夜だからこそ、パックやマッサージなどのスペシャルケアをスキンケアの流れに取り入れておくと良いでしょう。

パックは化粧水の前に行う物が多いです。マッサージクリームは使用後に洗い流す物もあります。スペシャルケアも正しいタイミングで行うことが重要です。

ちなみにお風呂での順番は以下の流れが望ましいです。

 洗髪
  ↓
 体を洗う
  ↓
 洗顔

というのも、シャンプーやトリートメントは洗い流したつもりでも意外と顔や身体に残りやすい物なのです。顔についた余計な物を残さず落とせるように、最後に洗顔することが大切です。

 

目元・口元はクリームでケア

クリームでスキンケアする女性
目元や口元は皮膚が薄く、乾燥や疲れ、年齢が出やすい個所だと言えます。しっかりとポイントケアをすることでハリのある目元・口元が手に入ります。

目元・口元美容液は美容液の後、アイクリームや口元用クリームは乳液の後に使用します。商品によって多少順番が前後する物もあるので、使用前に確認しましょうね。

目元・口元美容液は多く使えば良いというものではありません。成分が濃い物も多いので、適度に行きわたるように使用しましょう。上手く塗るコツは以下の通りです。

 複数の点で置いてから薬指の腹で優しく伸ばす
  ↓
 しっかり伸ばし終わったら指の腹を使って優しくハンドプレス

伸ばす際に薬指を使うのは他の指に比べて余分な力が入りづらく、肌に負担をかけにくいためです。

目元口元のシワには角質層、真皮に働きかけて内側からふっくらさせるセラミド、レチノール、ビタミンC誘導体などが効果的。美容液やクリームを選ぶ際は自分の悩みに合った成分を選ぶようにしましょう。

 

マッサージで1日のむくみを取る


フェイスマッサージ、ボディマッサージはむくみも取れる上にリラックス効果ものぞめる一石二鳥な美容法。むくみやすい方、疲れが溜まりやすい方に積極的に取り入れてほしいものの1つです。

「その日のむくみはその日のうちに取る」

モデルや女優も大切にしている鉄則です。むくみを翌日に持ち越して頑固なむくみに変えないようにしましょう。

ボディマッサージはお風呂上りにボディクリームを塗る時にすると体も冷えにくく、習慣にしやすいです。リンパの流れを意識しながらほぐしていくと更に効果的です。
べたつきを感じやすい脚・足裏のマッサージは寝る前に行いましょう。床を汚さずに済みますし、足元の血行が良くなって、ぽかぽかした状態で眠れます。

フェイスマッサージは滑りの良いマッサージクリームやマッサージオイルを使って行いましょう。間違ってもすっぴん状態で肌を引っ張るようなマッサージをしないこと。肌に負担かかりますし、やり方によってはシワやたるみの原因になってしまいます。

マッサージクリームは洗顔が必要な物、保湿も兼ねている物など、商品によって使用法が異なる場合が多いです。どのタイミングで使う商品か、使用法を確認してから取り入れるようにしましょう。

 

お白湯で内側からもしっとり・すっきり

水
寝ている間に人間の体はどんどん乾燥していきます。具体的には約200ml、およそコップ1杯分の水分がただ眠るだけで失われると言われています。

意外かも知れませんが、人間は乾燥している状態の方がよりむくみやすいのです。水分不足だからこそ、体の中にあるわずかな水分を溜め込もうとしてしまう、というわけですね。

また、水分の循環が上手くいっていないと、体の中の要らない物、つまり老廃物や余計な脂肪分などが排出されづらくなります。あまり食べないのに痩せない、という場合は水分摂取が十分でない可能性があります。

乾燥もむくみも太りやすい体質も、きちんと水分を摂ることで全て解決できるとしたら素敵だと思いませんか?

毎晩寝る前にコップ1杯のお白湯を飲む習慣をつけましょう。水でも構いませんが、あまり冷たすぎると体が緊張状態になり寝付きにくくなってしまうので注意して下さいね。

朝起きてお手洗いに行った後にも1杯のお白湯を飲むようにすると、より水分が上手く循環しやすくなります。寝る前と朝起きてすぐ、1日2回のお白湯習慣で美肌もすっきりした体も手に入るかも知れませんよ。

 

寝る直前にダメ押し保湿

クリームを塗る女性
寝ている間に体が乾いていくのと同じように、肌も当然乾いていきます。だからこそ朝のスキンケアが大切なのですが、寝る前に乾燥を少しでも防ぐ予防策は立てておきたいものですよね。

風邪予防のために加湿器をつける方も多いかと思いますが、加湿器は肌の乾燥を遅らせるのにも効果的です。乾燥する季節には、忘れずにつけるようにしましょう。

お風呂上りのスキンケアから時間が経っているのであれば、寝る直前にダメ押しでクリームを塗るのも乾燥肌の方にはおすすめ。翌朝しっとりもっちりした肌で目覚めることができます。

この時に塗るクリームは普段使っている物でも問題ないのですが、ナイトクリームやオーバーナイトマスクを使うのも効果的です。保湿、美白、アンチエイジングなど、季節や目的に合わせて変えてもOK。

反対に絶対に避けて欲しいのは、シートマスクなどを寝る時につけること。シートマスクや剥がすタイプのパックは使用時間を守れば保湿効果が得られるのですが、長時間つけていると逆に乾燥してしまいます。使用するタイミングや使用時間は必ず守りましょう。

 

夜は明日のキレイのために

ベッドで眠る女性
1日の疲れを癒す夜のひととき。

勉強や仕事から解放され、精神的にも時間的にも余裕のある瞬間だからこそ、明日のキレイのために使いましょう。

いつもよりも少し、丁寧にスキンケアをしてみる。
いつもよりも少し、気を使ってマッサージをする。
いつもよりも少し、意識して水分を摂ってみる。

ちょっとしたことですが、体も肌も、手をかけた分だけきちんと応えてくれますよ。

40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア
30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:みおと

著者の記事一覧

はじめまして、ライターのみおとです。
1987年生まれ、主人とフェレット2匹と仲良く暮らしています。
趣味はカメラに読書、カクテル作り、アロマにハーブ、
セルフネイルにアクセサリー作り…挙げ始めたらキリがありません。
ダイエットが楽しくなって15kg落した経験あり。
ちょっと痩せ過ぎたので必死になってデブエットをした苦い記憶…。
コスメで遊ぶのも好きで、海外コスメにもアンテナを張っています!
皆さまが楽しめる記事を提供できるよう、精一杯頑張ります♪







関連記事











ページ上部へ戻る