うっかり日焼けしてしまった!そんな時にトラブルを防いでいく方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
うっかり日焼けしてしまった!そんな時にトラブルを防いでいく方法

どんどん温かくなって来て紫外線も強くなってくる季節ですね。
しっかり紫外線対策はしていますか??
アウトドアやマリンスポーツなどが増えてくるとしっかり紫外線対策していたつもりでもうっかり日焼けしてしまう事も増えてくると思います。
一度、日焼けしてしまってお肌にダメージが加わってしまうとそれはリセットしてなかった事には出来ません。
でも、その状態をどう対処するかによってお肌に出てくるダメージはかなり変わってくるものです。
これからの時期のうっかり日焼けしてしまった時の対処法をお伝えします。

 

紫外線には波長が2種類ある

日差しを浴びる女性

肌の表面にダメージが大きい紫外線B波

肌の表面が赤くなったり水ぶくれが出来てしまったりする主な原因は紫外線B波と言われています。
ですので、うっかり日焼けして影響が出ているのは紫外線B波の影響です。
炎症を起こしたり細胞を傷つけたりするのでシミの原因になったりひどい場合には皮膚がんになる原因にもなります。
しかし、しっかり日焼け止めを塗っておき更に日傘などをさす事によってしっかい防御してくことは出来るので普段の紫外線対策はしっかりしておきましょう。

肌の奥にまで届く紫外線A波

紫外線A波は紫外線B波ほど肌を急激に変える事はありません。
なので紫外線B波よりはお肌にダメージが少ないように見えますが、実は紫外線A波は肌の奥深くまで影響する為に真皮層のコラーゲンやエラスチンなどを老化させる為にシワの原因にもなると言われています。
繊維芽細胞も傷つけてしまうので中で元気な細胞が生まれるのを妨害してしまうことに繋がります。
更に紫外線A波は窓ガラスや雲も通り抜けてお肌にまで影響してきます。
ですので、曇りの日や家に一日中いる日などもせめて日焼け止めは塗っておくようにした方が良いでしょう。

 

うっかり日焼けした場合の対処法

冷す

頬に氷をあてる女性
日焼けしたらすぐに冷すようにしましょう。
皮膚が熱を持っている状態だとメラニンが活性化してシミが出来てしまいます。
そもそもメラニンはお肌を紫外線から守る為に黒くなります。
紫外線が当たってる事に反応して活性されますが、熱を持ち続ける事によりその活性が続く事になります。
ですので、日焼けをしたと感じたらすぐに冷してメラニンの活性を抑えるようにしましょう。
そうすることにより後々のシミへの影響が少なくなります。

水分を補う

350
日焼け後は水分が蒸発しきって乾燥している状態です。
その状態を放っておく事によって、お肌表面のバリア機能が落ちます。
バリア機能とはお肌の奥深くに紫外線が影響するのを防いでくれたり、外部からの刺激などを防御してくれる作用がありますので、バリア機能が落ちるという事は更にお肌への影響が増すという事に繋がります。
日焼けをして乾燥しているお肌にはしっかり化粧水を塗るようにしましょう。
その化粧水も冷しておく事により同時にメラニンの鎮静を行う事も出来ます。
そして、クリームなどを塗って水分の蒸発を防いでいくのが良いですが、あまり濃いクリームを塗ってしまうとお肌の熱が発散しにくくなりますのでクリームを塗る場合は油分が軽めのクリームでいつもよりも薄く塗るようにしましょう。

ローションパックはしない

350 肌 パック シートマスク
普段のキメが整った状態にするローションパックはお肌の角質層を水分でふやけさせて上から乗せる美容液などの浸透を高める効果があり、補給するにはとても良い手段ですが、日焼けをした状態はキメが整っていない状態になります。
その状態でローションパックをしてしまうことによりキメが整うのを妨害してしまう事に繋がります。
ですので、日焼け後はローションはたくさん塗った方が効果的ですが、パックまでしてしまうのは控えておきましょう。

早く寝る


お肌のキメを整える一番の方法はとにかく早く寝る事です。
一般的に知られているように、22時から2時の間は成長ホルモンが分泌されてお肌の修復が盛んに行われる時間帯でもあります。
この時間に起きているとせっかくお肌が綺麗になるチャンスを逃してしまう事になりますので、せめてその日のうちにはベットに入り眠りにつくようにした方が良いでしょう。

色の濃い野菜を摂る

緑黄野菜
色の濃い野菜にはたくさんの栄養成分が含まれています。
特に日焼けをした時に摂取して頂きたい成分がビタミンA、ビタミンE、リコピン、ビタミンCです。

リコピン

リコピンを摂取する事により日光の影響を少なくする事が出来ます。
リコピンが多く含まれているトマトは、栄養素を守る為にリコピンは存在するもので、日光にたくさん当たって育ったトマト程、リコピンの含有量が多い状態になります。
お肌の抗酸化力もとても高いので、日焼け後のお肌の回復にはとても適しています。スイカ、にんじん、柿、パプリカなども多くリコピンを含んでいますので、日焼けをした後の食事には是非入れていって下さい。

ビタミンA

ビタミンAは粘膜や皮膚の免疫機能を上げてくれる効果があります。
乾燥などを防ぐ効果もあるのですが、日焼け後は上記にもご紹介しましたようにバリア機能が落ちてしまってとても乾燥した状態になります。
ビタミンAを摂取する事により免疫機能が上がるので、お肌の生まれ変わりのターンオーバーが促進されます。
中からターンオーバーが正常になると中から強い細胞が生まれ出されるので、傷ついてしまったお肌を修復するのにはとても効果的になりますのでビタミンAを含んでいる食品をしっかり摂取するようにしましょう。
にんじんなどの緑黄色野菜、うなぎ、レバーなどにとても含まれています。

ビタミンE

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取する事により吸収率がアップします。
活性酸素の除去力もとても高いのでアンチエイジングにはとても効果的です。
ビタミンCを摂取する際は同時にビタミンEも一緒に摂取するようにしましょう。
アーモンドなどのナッツ類、アボガド、うなぎ、カボチャなどに良く含まれています。

ビタミンC

ビタミンCは日焼けにはかかせない栄養素ですね。
レジャーなどの予定がある場合は事前に摂取しておく事によりメラニンの活性を抑えていく事が出来ます。
そして、日焼けをしてしまった後にも必ず摂取するようにしましょう。
普段の場合は食材から摂取する事のが一番効果的ですが、日焼けをしてしまった後は特に不足している状態になり、いつも以上に摂取する必要がありますのでこの時はサプリメントなどを使用しても良いでしょう。
ピーマン、パプリカ、柿、ブロッコリー、キウイ、パセリなどに多く含まれているので積極的に摂取するようにしましょう。

 

その日はお湯に浸からない

足湯
日焼けをしていたらお湯に浸かるのは痛いので、入る人は少ないかもしれませんがお顔にもお湯をかけるのは絶対に辞めて下さい。
普段でもお湯でお顔を洗うのは保湿成分が流れ落ちてしまう為に避けた方が良いですが、日焼けをしている時は上記でもご紹介しましたように角質層が乱れている状態になりますので、余計にふやけてしまってキメが乱れる状態になってしまいます。
ですので、日焼けをした状態での入浴は避けましょう。

ビタミンCを塗る・摂る

たくさんの果物
上記でもご紹介しましたように、やはり紫外線トラブルに欠かせないのはビタミンCです。
摂取することも大切ですが、直接影響を受けてしまったお肌にビタミンCを直接塗ってあげる事によりより一層メラニンの活性を抑える事が出来、鎮静していく事が出来ます。
日焼けが落ち着いて赤みが落ち着いた頃にビタミンCのローションパックをしてあげると美白効果が増すので黒ずみなどを抑えていく事ができます。
とにかく日焼けをした後はその影響によるトラブルを抑えていく事を第一に考えて下さい。

 

でもやっぱり防ぐ事が一番の老化予防

傘を差す女性
上記のように日焼けしてしまったのは仕方がありません。
ただ、本当に日焼けをしてしまうことは一番老化を早めてしまう事に繋がります。
夏がお肌にとっては一番過酷な季節でもありますし、老化の進むスピードが決まるのも夏の間の影響で決まります。
普段の手入れがどれだけ丁寧にしていても、今までがどれほど綺麗であっても一度の日焼けによる影響は計り知れません。
ひどい場合は日を浴びたその日にメラニンが活性されてシミのように黒く浮き上がってくる場合も少なくありません。
実際に去年の私がそうでした。
シミは今まで気にした事がありませんでしたが、一度の日焼けで表面に黒いものが浮き上がって来て目に見えるようになりました。
日々ビタミンCの美容化粧水を塗る事により少しは改善されました。
しかし、そのトラブルがリセットされたようには思いません。
今年、うっかり日焼けをすると去年のシミはまた浮き上がってくるでしょう。
ですので、とにかく日焼けはしないように最善の努力をしていきましょう。

ホワイトヴェール

飲む日焼け止め・ホワイトヴェール

≪商品価格≫
・定期コース(4回以上)
 初回限定980円(税込・送料無料)
※2回目以降は34%オフ4,980円(税込)

単品7,560円(税込・送料無料)

最近は飲む日焼け止めのような商品も出て来ています。
先に栄養素がしっかり入ったものを摂取する事により紫外線に強いお肌を作っていく事が出来ます。
影響を受けてしまう前にしっかりバリアしていくことが大切になってきます。
これからの季節は毎日が紫外線の影響を受けてしまう状態になりますので、夏の間だけでも飲んでおくと良いでしょう。

 

おわりに

一番のアンチエイジングは今の状態をキープする事です。
今よりも美しくなりたい気持ちは誰にでもあります。
しかし、時間が経てば細胞は老化していきます。
これは誰にも止める事は出来ません。
ファンデーションを厚く塗るなど、無理に若作りすることは返って老けて見えてしまう事もあります。
ですので、今の自分の状態をしっかり把握し受け止めた上で今よりも老化しないように努力しましょう。

紫外線を浴びたあとは72時間が重要!シミにならないアフターケアとは紫外線を浴びたあとは72時間が重要!シミにならないアフターケアとは
600原因は遺伝と紫外線!そばかすを消す対策とおすすめクリーム
サプリを飲む女性体の中から予防!日焼け止めサプリで紫外線対策しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る