背中ニキビは保湿が大切!原因と対策を知ってケアをしましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビといえば、おでこや頬などの顔にできるものと思いがち。
でも、意外と背中にできるニキビで悩んでいる女性は多いのです。

背中にかゆみを感じたり、ふと背中を触るとプツプツがあったり。
普段、人からあまり見られていないと思っていても、意外と見られているのが背中です。

そんな背中にできるニキビって何が原因でできるのでしょう?
今回は背中ニキビができる原因、背中のニキビケアに効果的な商品、日頃からできるニキビケアなどご紹介します!

 

背中ニキビができる原因は5つ

背中にニキビができる原因は、大きく分けて5つです。

①皮脂が過剰分泌して毛穴が詰まっている
②ホルモンバランスが乱れている
③摩擦や蒸れ
④シャンプーや石鹸のすすぎ残し
⑤食生活

それでは詳しく解説していきます。

 

①皮脂が過剰分泌して毛穴が詰まっている

まず、背中の皮膚は顔の皮膚よりも厚いと言われています。
皮膚の構造は、真皮と表皮、そして皮下組織という3層でできています。
皮下組織でできた細胞は徐々に肌の表面の表皮に押し上げられ、最後は垢となって剥がれていくのですが、これをターンオーバーと言います。
背中は角質がたくさん重なっている角質層が多いので、その分、毛穴が詰まりやすくなるのです。

そして、背中は顔に比べて皮脂の分泌量が多いです。
顔にできるニキビと同じで、背中にできるニキビも皮脂の過剰分泌と毛穴の詰まりが主な原因になります。

ニキビができるメカニズムとしては、不要になった角質などが毛穴をふさぎ、その中に皮脂がたまってアクネ菌が繁殖します。
そのアクネ菌をやっつけるために炎症したところがニキビとなるのです。
背中には産毛が生えているので、皮脂が皮膚の表面に出にくく、皮脂が詰まりやすくなっています。

また、顔と同様に背中にもTゾーンが存在していて、両肩を結ぶ横のラインと背骨に沿ったところがTゾーンと呼ばれています。

 

②ホルモンバランスが乱れている

ストレスや睡眠不足などの緊張状態が続くと、自律神経が乱れて交感神経が優位になり、ホルモンバランスが乱れます。
そもそも自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つに分けられ、お互いがバランスをとりあって成立しています。

交感神経は体を動かしたり緊張する神経で、主に昼間に働きます。
それに対し副交感神経は、昼間の疲れやダメージを回復しリラックスをもたらす神経で、主に夜眠っているときに働きます。

しかし、何らかの理由で緊張状態が続いてリラックスできない場合、交感神経が優位になって男性ホルモンが分泌してしまうのです。
この男性ホルモンが分泌されると、皮脂の分泌が促進されてしまい、毛穴が詰まってニキビができやすくなります。

 

③摩擦や蒸れ

着ている服や下着によって、肌に摩擦が起きます。
そうすると、目に見えないレベルで毛穴の組織や角質が傷ついてしまうのです。
ブラジャーなどの下着はとくに体にフィットするので、ニキビがいつまでも治らないということになりかねません。

また、背中は汗をかきやすい場所です。
その汗が蒸発するとき、肌に必要なうるおい成分も一緒に失われるので、背中は乾燥しがちになってしまいます。
肌は乾燥するとターンオーバーが乱れてしまい、余分な皮脂を分泌させてしまうのです。
そのため、肌を乾燥させないためにも、背中を保湿することが大切になります。

 

④シャンプーや石鹸のすすぎ残し

お風呂に入っているとき、シャンプーやリンス、石鹸をしっかり洗い流せていないと、背中ニキビの原因になることがあります。
これらのすすぎ残しは毛穴に詰まりやすく、すでにある背中ニキビを悪化させる場合もあるのです。
シャンプーや石鹸などが毛穴に詰まると、それを取り除こうと毛穴の皮脂で押し出そうとします。
そうすると、皮脂の過剰分泌が起きてしまい、背中ニキビができやすくなってしまうという仕組みです。

 

⑤食生活

ストレスがたまると、人は気を紛らわせるために何かに走ってしまいがちです。
趣味やスポーツなどで発散できれば良いのですが、好きなお菓子をたくさん食べたり、お酒を飲んでうっぷんを晴らしたりなど、食や飲酒に走ってしまう方も多いと思います。
しかし、このような偏った食生活は背中ニキビを作ってしまう原因に繋がるのです。

スナック菓子やスイーツ、脂っこい食べ物には、動物性脂肪や糖質が多く含まれています。
摂りすぎは皮脂の分泌を多くさせるので、なるべく控えるようにしましょう。
また、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは、ビタミンB群が体に吸収されるのを妨害してしまいます。
ビタミンB群が不足すると、肌のターンオーバーが乱れて古い角質がなかなか剥がれなかったり、皮脂の分泌を増加させてしまうのです。

 

背中ニキビを治す方法

背中を乾燥させないことが大切

背中ニキビができる原因③でご紹介したとおり、背中は汗をかきやすい上に乾燥しやすい場所です。
乾燥することによって余分な皮脂を分泌させ、肌のターンオーバーを乱してしまうので、まずは乾燥を防いで保湿をしてあげることが大切になります。
手軽に、そして効果的に背中ニキビを治すためには、背中ニキビ専用の保湿成分が配合されたニキビケア商品を使うことです。

しっかり保湿して背中ニキビをケア

背中ニキビを治していくためには、しっかりと保湿して肌内部をうるおいで満たしていくことが大切。
肌がうるおうことで、乾燥と皮脂の過剰分泌を改善することができます。
背中のニキビケアに効果的な保湿成分は、ヒアルロン酸コラーゲンセラミドなどです。
これらは高い保湿力を持っているので、商品を購入するときは参考にしてみてください。

次は、背中ニキビ専用の商品をご紹介します!
また、ドラッグストアでも購入できる商品もあるので、チェックしてみてください♪

 

背中のニキビケアに効果的な商品を使う

パルクレール

パルクレールジェル(薬用ニキビジェル)

定期価格:4,980円(税抜)
容量:40g

【特徴】
・美容成分として欠かせないプラセンタと、ニキビケアで有名なアラントインを高濃度で配合。
天然独自配合の有効・美容成分と、8種類の天然植物エキスを配合。
・8つの役割が1つになったオールインワンジェル
無添加、アルコールフリー、着色料フリーの低刺激処方
・業界初の永久返金保証書付き

ニキビケアをしながら美白もできてしまう、日本で一番売れているニキビケア商品です。有効成分と美容成分をたっぷり配合したニキビジェルで、全身に使うことができます。

定期便をご注文の方には、10秒でニキビが消えるパルクレールカラーコントロールが付いてきます。
ジェル同様に無添加で美容成分がたっぷり!
長時間キメの整った肌を実現します。

オルビス

クリアボディローション(医薬部外品)

価格:1,300円(税抜)
容量:215mL

【特徴】
甘草由来の薬用成分グリチルリチン酸ジカリムを配合。
スムースデリバリー処方で薬用成分と保湿成分が角層にも素早く浸透。
バリアシールド成分でなめらかな肌をキープ。
オイルフリー、無香料、無着色、界面活性剤不要
・逆さにしても使える特殊なボトルを採用。
・心地よい清涼感のあるメントール配合。

背中や胸元のニキビケアに使える薬用ボディローションです。素肌を考えた植物性薬用成分が、刺激を受けやすい背中をしっかり保湿します。

 

ドラッグストアで買える!背中ニキビケア商品

背中のニキビを改善する商品は、ドラッグストアなどの薬局でも売られているのをご存知ですか?
手の届かない背中でも手軽にケアできる「スプレータイプ」のもの、患部に直接塗れる高濃度の成分が入っている「クリームタイプ」の2種類をご紹介します!

スプレータイプ

ユースキン

ユースキン ルドー 薬用アクネローション(医薬部外品)

価格:1,200円(税抜)
容量:150mL

【特徴】
ダイズエキス(イソフラボン含)、ヒアルロン酸ナトリウム、ラベンダーエキスなどの成分を配合。
有効成分のグリチルリチン酸ニカリウム、サリチル酸を配合。
オイルフリー、アルコールフリー、無香料、無色素、低刺激性で顔・全身に使用可能。

ニキビや肌荒れを防ぎ、肌の水分と脂分のバランスを保ちます。

小林製薬

セナキュア(第2類医薬品)

価格:1,200円(税抜)
容量:100mL

【特徴】
殺菌作用のあるサリチル酸、エタノールを配合。
皮膚修復作用のあるアラントインを配合。
・弱酸性の低刺激処方
・手の届かない範囲までしっかりカバー。

背中などのブツブツの原因である菌を殺菌し、きれいな素肌へ改善していきます。

クリームタイプ

ジョンソンエンドジョンソン

テラ・コートリル軟膏(医薬品)

価格:1,000円(税抜)
容量:6g

【特徴】
抗菌作用のあるオキシテトラシクリン塩酸塩を配合。
皮膚の赤みやかゆみを緩和するステロイド薬のヒドロコルチゾンを配合。
・顔や背中、胸やデリケートな部分にも使用可能。

肌の炎症を抑え、ニキビの元となるアクネ菌や雑菌を抗菌します。

ライオン

ペアアクネクリーム(第2類医薬品)

価格:14g950円(税抜)/24g1,450円(税抜)
容量:14g/24g

【特徴】
炎症を鎮めるイブプロフェンピコノールを配合。
イソプロピルメチルフェノールがアクネ菌を殺菌。
・塗った上からメイクができる。
・肌に近い弱酸性

アクネ菌による白ニキビの生成を抑え、炎症をしずめてニキビの進行を抑えます。大人ニキビにも効果のある塗り薬です。

 

日常生活から背中ニキビを予防しましょう

肌を清潔に保つ

汗や汗の染みこんだ洋服、下着などを放置するのは背中ニキビの原因となります。
なので、ニキビが気になる方は肌を清潔に保つようにしましょう。

・汗をかいたらこまめに拭く
・速乾性のあるインナーを着る
・汗をかいたらシャワーで流す
…など

汗をこまめに拭くときはタオルでごしごし拭かず、優しくポンポンと拭き取るようにしてください。
また、寝ている間も汗をかくので、朝はシャワーで汗を洗い流すと良いでしょう。

 

背中を正しく洗う

背中ニキビを治すためには、お風呂の中でのケアも大切になってきます。
毎日の入浴でちょっとしたことに気をつけるだけで、背中ニキビの改善へと繋がっていくのですよ♪

天然繊維のタオルを使って優しく洗いましょう

ナイロン製やアクリルなどの合成繊維で作られたタオルは、洗い心地や泡立ちは良いのですが、摩擦によって肌を傷つけやすくなるので注意しましょう。
背中ニキビ、色素沈着で悩んでいるのであれば避けた方が良いです。

肌を傷つけないという点では、綿やコットンなどの天然繊維でできているものがオススメ。
洗うときはゴシゴシと力を入れず、優しく撫でるように洗いましょう。
強くこすって洗うと、ニキビに刺激を与えてしまったり、肌の乾燥を招く原因にもなります。

また、タオルを使わずに手の届く範囲は手洗いという手段もあります。
その場合は、手の届くところは泡立てた泡で洗い、手の届かないところはタオルで優しく洗うようにしましょう。

①髪の毛②顔③体の順番で洗いましょう

背中ニキビの予防には、背中を洗う順番も大切。
まずは体を洗う前に湯船に浸かりましょう。
お湯の温度は高すぎても皮脂が落ちて肌が乾燥してしまうので、38度前後で10分ほど浸かるようにしてください。

湯船で体を温めたら、上から下に洗っていきましょう。
まずは髪の毛から洗い、その次に洗顔、最後に背中や体を洗うようにします。
そうするとシャンプーなどの洗い残しがあっても、最後に体を洗ってすすぎ流すことで洗い残しを防ぐことができますよ。
そして体を洗ったあと最後にもう一度、湯船にゆっくりと浸かりましょう。

お風呂上りは清潔なタオルで拭きましょう

体を拭くときは清潔なタオルで拭くことをオススメします。
前日に使ったものではなく、入浴ごとに新しいタオルを使うようにしましょう。
また、タオルは柔らかく肌を傷つけないものにして、優しく押さえるように拭いてあげてください。

お風呂に浸かることがニキビの改善に繋がる!

忙しいとついついシャワーで済ましてしまいがちですが、湯船にゆっくり浸かってリラックスすることが、背中のニキビ改善に繋がります。

・毛穴が開いて皮脂や洗い残しの汚れを排出してくれる
・ターンオーバー(新陳代謝)が活発化して肌を清潔に保てる
・副交感神経が働きリラックス効果が得られる

また、半身浴もオススメです。
みぞおちより下の半身までを湯船につけて、38度以下くらいのぬるめの温度に20分くらい浸かることで、ホルモンや自律神経などの体内バランスが整っていきます。
半身浴をする前はコップ1杯の水を飲み、その日の体調と相談しながら無理をしない入浴をすることを心がけてくださいね。

このように入浴方法を工夫することで、体全体の血行や新陳代謝の促進に繋がります。
そして皮膚の生まれ変わりが健康的におこなわれるので、背中ニキビの改善において重要なポイントとなるのです。

 

睡眠はたっぷりとる

睡眠不足は、美容にも健康のためにもよくありません。
1日6~8時間を目安に十分な睡眠をとりましょう。
忙しくて十分な睡眠時間が確保できない方は、就寝する1時間前には部屋の照明を暗くしたり、スマホやテレビを見ないようにして、睡眠の質を上げるようにしてみてください。
また、軽いストレッチや深呼吸をすると、体の緊張がゆるんでリラックスできますよ。

 

バランスのとれた食事を心がける

背中ニキビは、普段の食生活から改善することができます。

背中ニキビに有効な食べ物や栄養素としては…

皮膚の粘膜を丈夫にする【ビタミンA】

レバー、あなご、カマンベールチーズ、バターなど

自律神経を整える【ビタミンB1】

豚もも、豚ヒレ、うなぎ、ピーナッツなど

脂肪を燃焼する力がある【ビタミンB2】

納豆、牛乳、ブロッコリー、まいたけ、アーモンドなど

抗酸化作用【ビタミンC】

ピーマン、カリフラワー、イモ類、果物など

肌のターンオーバーを促進【ビタミンE】

かつお、うなぎ、アボカド、レバーなど

また、便秘になりやすい方は食物繊維の含まれるゴボウやおから、ひじきなどの海藻類を摂取するようにしましょう。
便秘になると老廃物や毒素が蓄積され、肌のくすみや吹き出物、背中ニキビの原因になるケースが多いのです。

上記の食材を摂取しながらバランスの良い食生活を心がけ、背中ニキビを改善し予防していきましょう♪

 

おわりに

背中ニキビを予防して改善するためには、保湿して乾燥させない、肌を清潔に保つ、刺激や摩擦を与えない、ストレスをためない、バランスのとれた食事が大切です。
ただ食生活を変えるのではなく、肌を保湿することを心がけたり、速乾性のあるインナーや洋服を着たり、自分のできる範囲で普段から取り組んでみてください♪
内側からも外側からもキレイになった自分に出会えるはずです。

Lier編集部オススメの背中ニキビケアはコレ!

パルクレールジェル(薬用ニキビジェル)

定期価格:4,980円(税抜)
容量:40g

パルクレールジェルは、日本で一番売れているニキビケア商品です。
有効成分と美容成分をたっぷり配合していて、ニキビをケアしながら美白もできます。
1つで8つの役割を果たしてくれるオールインワンジェル。顔、背中、足など全身に使うことが可能です。
無添加にこだわっているので、乾燥肌や敏感肌の方でも安心。

また、業界初の永久返金保証書付きだから気軽に申し込みができます♪

定期便をご注文の方には、10秒でニキビが消えるパルクレールカラーコントロールが付いてきます。
ジェル同様に無添加で美容成分がたっぷり!
長時間キメの整った肌を実現します。

背中ニキビ、背中の黒ずみ…「背中のトラブル」を解決して、綺麗な背中を手に入れる!背中ニキビ、背中の黒ずみ…「背中のトラブル」を解決して、綺麗な背中を手に入れる!

服の刺激で痒い!背中ニキビの原因と治し方服の刺激で痒い!背中ニキビの原因と治し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る