冬は痩せやすい季節!効果的なダイエット方法を教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬はクリスマスやお正月など楽しいイベントが目白押し。
ついついその楽しさに身を任せすぎて、気付いたら体重が増えている…。
そんなことありませんか?

一見、冬はダイエットに向いていないように思えますが、実はそんなことないんです。
その理由と、冬にできる効果的なダイエット方法を教えていきます!

 

冬に太る理由

冬になると「冬太り」という言葉を耳にしますよね。
実際、冬になると太ってしまったという方も少なくないと思います。

どうして冬になると太るのかというと、原因は運動不足イベントでついつい食べ過ぎてしまうからなのです。

寒くなると外に出るのが億劫になってしまって、自然とインドアになってしまうと思います。
温かい部屋に温かいこたつ。
ついダラダラと過ごしてしまう方も多いと思います。

そして、冬になるとやってくるクリスマスやお正月などのイベント。
家族や友人、恋人や親戚と集まっていると、ついつい食べ過ぎてしまったり、いつもとは違う高カロリーなメニューを食べ過ぎてしまうことが太る原因になるのです。

また、人間の身体は寒さから身を守るため、体内に脂肪を溜め込む働きがあります。
寒さで体温も低下しがちになるので、自然と代謝も低下してしまうのです。
このことから、一年の中でも冬は太りやすい時期と言われています。

 

でも冬は痩せやすい!

一年で最も太りやすい時期が冬なのに、どうして痩せやすい時期が冬なのか?
矛盾しているように思えますが、これには理由があるのです。

冬は身体がエネルギーを消費する季節

冬になると気温が下がり寒くなります。
寒くなると人は身体を守るために脂肪を蓄えるのですが、その一方で体温を一定に保とうとする働きが起きます。
すると、体温を上げて一定に保つために、身体はエネルギーを多く消費するのです。
エネルギーを多く消費するということは、代謝が上がって脂肪を燃焼しやすくなるということ。

また、夏に運動するよりも、冬に運動したほうがカロリーを消費しやすいのです。
ここでも体温を上げようと代謝が上がっているので、暑くて汗をかく夏よりも冬の方がダイエットが成功しやすいと言われています。

 

冬は5つのダイエット方法で痩せる!

①代謝を高める食事をとる

寒い冬は、身体を内側から温めてくれる代謝を高める食事をとりましょう。
中でも冬に旬を迎える根菜類ショウガ唐辛子などがオススメです。

根菜類は主に大根やゴボウ、レンコンやさつまいもなど土の中にできる野菜のこと。
この根菜類たちはミネラルを多く含み、ビタミンCや鉄なども豊富で、身体を温める効果があります
また、根菜類にはカリウムが含まれているので、塩分によるむくみ改善にも役立ちますよ。

そして、ショウガや唐辛子などのスパイスも体温を上げて代謝を高めてくれます。
ショウガは冷え性の改善、代謝の促進、胃腸の働きを活発にする働きがあり、寒い冬やダイエットには効果的です。
最近ではチューブ生姜を持ち歩く女性も多いそうなので、こっそりバッグにしのばせて飲み物や食べ物に加えてみると良いですね。

他にもネギやニンニク、シナモンも代謝を高める効果があるので、スープやお鍋、料理に少量加えてみると良いですよ♪

 

②ウォーキングで内側から身体を温める

ダイエットにはやはり運動も欠かせません。
有酸素運動であるウォーキングは、体温や代謝が下がりがちな冬にピッタリです。
1時間ほど続けることが理想ですが、時間がない方などは30分程度でも構いません。
ウォーキングするときは、いつもよりすこし早歩きをする気持ちで、背筋をしっかり伸ばして腕を振りながら歩きましょう。

しかし、冬は室内と屋外の気温差が激しいので、まずはしっかりと準備することが大切になります。
まずは、身体を少しずつ外の気温に慣らしていきましょう。
ウォーキングをする前に足首を回したりストレッチをした後、最初のうちはすこし厚着をしておきます。
運動をして身体が温まってきたところで、羽織っているものを一枚ずつ脱ぐようにすると、血圧の急激な上昇を防ぐことができます。
また、早朝や夜はとくに気温が低いので注意しましょう。

 

③お風呂に入って脂肪燃焼

冬のお風呂で気をつけなければいけないのは、いきなりお風呂に入らないことです。
脱衣所とお風呂場の気温差は大きく、その寒暖差を身体が受けてしまうと血圧が急激に上がり、身体に負担がかかってしまいます。

また、急いでお風呂に入ってしまうと、身体の表面だけが温まり、身体の芯は冷えたままという状態になりかねません。
しっかりと身体の芯まで温まらないと、湯冷めが早くなり、冷えの原因になるので、じんわりと身体の芯から温まりましょう。

ダイエットできる入浴法とは?

まずは正しい入浴法で体質改善をしていきましょう!
そのポイントは5つになります。

①入浴は食前に行う
②入浴前後の水分補給はしっかり
③お湯の温度はぬるめ
④まずは身体を温める
⑤20分はお風呂に浸かる

まず、入浴は食前に行いましょう。
食事の前にお風呂に入ることで、胃液の分泌が抑えられて食事量を減らせる効果があります。

お風呂に入る前はと出た後は水分補給を忘れずに。
それも、1回の入浴で出る汗は200~400mlと言われています。
脱水症状にならないためにも、入浴前後はコップ1杯程度のお水を飲みましょう。
入浴中にも水分をとれば、より汗をかけるのでデトックス効果も望めます。

お湯の温度は、38~39度のぬるめに設定しましょう。
熱いお湯に浸かると、心臓に負担がかかったり疲れてしまいます。
また、このときに発汗作用の入浴剤を使っても良いですね♪

そして、お風呂に入るとき、まずは身体を5分ほど温めましょう。
そうすることで汗をかきやすくなります。
5分ほどお風呂に浸かったら、髪や身体を洗って、再び浴槽に浸かりましょう。
すこし休憩しながらトータルで20分以上入浴して、身体を芯から温めてください。

 

④朝食をしっかり食べる

寒い季節はとくに朝食を食べるようにしましょう。
朝食を食べることで体温が上がり、代謝を高めてくれる効果があります。
反対に朝食を抜いてしまうと、体温は上がらずに代謝が低下したままになるのです。
朝は食欲がないという方は、白湯やスープなど温かい飲み物で体温を上げていきましょう。

 

⑤家で筋トレ&エクササイズ

外が寒くて家から出たくない時など、家の中でできる簡単な運動をしてみましょう。

踏み台運動

20cmくらいの台を用意して、1ステップ1秒、1セット4秒を目安にゆっくりと行う運動です。
まず、踏み台に片足を乗せます。
もう片方の足も同様に乗せましょう。
最初に乗せた足から順番に踏み台から下ろし、それを5分間繰り返してください。

もも上げ

腕を前後に大きく振り、太ももを高く持ち上げるようにして、その場で足踏みをしましょう。
ももの高さは床と並行か、それよりもすこし高めにして、少しきついと感じる程度で行ってください。
左右交互に連続して100回程度を目安に行いましょう。

ツイストクランチ

ツイストクランチは、腹筋にひねりを加えたものです。
通常の腹筋同様、仰向けに寝て、両手を耳の後ろに添えます。
上半身をひねりながら起こしたら、肘と反対側の膝を引き寄せてタッチさせましょう。
この動作を左右交互に行ってください。

 

冬のダイエットで気をつけること

身体を冷やさない

身体が冷えてしまうと基礎代謝が低下し、痩せにくくなってしまいます。
冬は冷たい飲み物は避けて、温かい飲み物を飲みましょう。

また、衣類などで体温調節をすることも大切です。
外に出るときは首元にマフラーを巻いたり、保温効果のある下着を身につけたり、靴下などを履いて身体を温めてあげましょう。

カロリーをコントロールする

冬が痩せやすい時期だからといって、カロリーの摂りすぎは太ってしまう原因になります。
みかんやお餅にアイス、ポテトチップスやチョコレートなど高カロリーなものが目の前にあると食べてしまうこともあるでしょう。
ましてや、こたつに入っていたらダラダラ食いをしてしまう可能性も…。

いきなり食べないということは難しいので、お菓子などの食べ物は棚や引き出しにしまって、週に1回お菓子を食べても良い日を作るなどしてストレスを回避しましょう!

姿勢を正しく保つ

寒くなると背中が丸まってしまったりと、冬は姿勢が崩れやすくなりがちです。
また、仕事がデスクワークだったり、スマホをよく操作する人などは、猫背の習慣がついてしまいます。

猫背になると胸が閉じてしまい、呼吸が浅くなって血行が悪くなります。
これが原因で基礎代謝を下げてしまうことがあるので、意識的に肩甲骨を寄せて胸を開くようにしましょう。
胸が開くと呼吸も深くなり、基礎代謝も上がりますし、リラックスすることもできますよ。

こまめに身体を動かす

これは日常生活の中で行っている家事や買い物、掃除などをしていく上で、ちょっと意識して身体を動かしてみてください。
例えば、エスカレーターを使わずに階段を上り下りしたり、1つ前の駅で降りて歩くなど、些細なことから身体を動かしてみましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

冬は太りやすいけど痩せやすい季節。
冬に痩せるコツは、食事で身体を温めること運動をすること入浴でじっくり身体を温めること食べ過ぎないことです。

冬だからと諦めていたダイエットも、冬だからこそやってみてはいかがでしょう?
そして、冬の間に努力をしておけば、春を迎えてからは周りに差をつけられますよ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る