あなたはどっち?「上半身太り」「下半身太り」違いと痩せる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太り方は人それぞれ。
何故かこの部分ばかりにお肉が付きやすい…ということはありませんか?
それに代表されるのが「上半身太り」と「下半身太り」ですよね。
もちろん全身ほっそりしていてバランスのいい人もいますが、そんな人の中でも多くの人がどちらかにお肉が付きやすいという悩みを持っているものです。
このふたつの太り方の違いはなんなのでしょうか…。
それぞれの原因やダイエット方法など、「上半身太りと下半身太りの違いについて」まとめてみました。

目次

上半身太りと下半身太りの違い!それぞれの原因は?
放置していたら危ない!より危険度が高いのはどっち?
上半身太りと下半身太り、なりたくないのはどっち?
上半身・下半身太りを「食事」から改善する方法
上半身・下半身太りを「生活習慣」で改善する方法
上半身・下半身太り、それぞれに効く「運動」

 

上半身太りと下半身太りの違い!それぞれの原因は?


まずどうして上半身ばかり、または下半身ばかり太っていしまうのか、その原因を探っていきましょう。

上半身太りの原因

上半身太りの人の体型は、よく「りんご型」と表現されます。
腰から下、おしりや足は細いのに、上半身、とくにお腹周りや背中などにお肉が付きやすく上半身がぽっちゃりしている体型を差します。
加えて顔や二の腕などにもお肉が付きやすいという人が多いです。

そんな上半身太りの一番の原因として、「糖質の摂りすぎ」が挙げられます。
また「生まれつき糖質の代謝が悪い」という体質的な特徴を持っていることも多いようです。
ビールが好きな男性はお腹だけ出ているなんてことが多いですが、そのいわゆる「ビールっ腹」も上半身太りの一種です。
糖質の摂りすぎによるカロリーオーバーや、糖質の代謝が上手く出来ないことから内臓脂肪がどんどん増えて、お腹や腰回りに脂肪が付きます。
もうひとつ原因として挙げられるのが、「姿勢の悪さ」です。
猫背でいると腹筋が弱くなりどうしてもお腹がぽっこり出てきてしまいます。
また、姿勢が悪いと背筋も鍛えられない上にカチカチに凝り固まってしまいます。そうなると血流が悪くなって基礎代謝も下がります。
老廃物が溜まりリンパの流れも悪くなってしまい、二の腕なども太くなりがちです。

下半身太りの原因

下半身太りの人の体型は「洋ナシ型」とよく表現されています。
お尻や太もも、ふくらはぎに脂肪がつきやすく、上半身に比べ下半身がぽっちゃりとしています。
男性よりも圧倒的に女性に多い体型です。

下半身太りの原因は、「脂質の摂りすぎ」が挙げられます。
また、「生まれつき脂質の代謝が悪い」という体質的な特徴を持っていることも多いです。
脂質の摂りすぎ、代謝の問題によって体脂肪、皮下脂肪が付きやすくなってしまいます。
次に、「塩分の摂りすぎ」も原因となります。
塩分を摂り過ぎると血中の塩分濃度が濃くなります。塩分濃度を薄めるために身体が水分をためこみ、むくみやすくなります。
この「むくみ」も下半身太りの原因です。
下半身は身体の下にあるので、血液が溜まりやすくむくみやすい箇所です。
「冷え」などが加わると更にむくみが悪化します。
冷えやむくみを放置すると、どんどん脂肪が蓄積されセルライトが増えていきます。

【関連】

今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ

 

放置していたら危ない!より危険度が高いのはどっち?


このように上半身太り、下半身太りにはそれぞれ特徴、原因があります。
ダイエットには見た目を美しくしたいというのはもちろんですが、より健康になりたいという目的を持っている人も少なくありません。
それでは健康面からみたときに、より危険度が高いのはどちらなのでしょう。

それではずばり言いましょう。上半身太りの方が危険度が高く問題です!
前述しましたが、上半身太りの場合内臓脂肪が多いという特徴があります。
ただお肉がついているだけでなく、身体の中の各臓器にもべったりと脂肪が付着していることが多いのです。
当然ながらそのような状態は臓器にとって悪影響。余計な負担がかかりいつ臓器が悲鳴を上げるが分かりません。健康面から見てこれを放置しておくのはとても危険です。
また、手足がほっそりしていてぱっと見痩せている人でも、このような隠れ肥満であることも多いので「上半身から太りやすい」という人は注意しましょう。

 

上半身太りと下半身太り、なりたくないのはどっち?


健康面からみたとき、より危険なのは上半身太りでした。
そうは言っても若いうちに気になるのはやっぱり見た目、どっちのほうがより「なりたくないか」とある調査で行ったアンケート結果があります。
以下がどちらのほうがより「なりたくないか」のアンケート結果です。

・上半身太り・・・・・30%
・下半身太り・・・・・70%

なんと、下半身太りのほうが多く「なりたくない」と思われていることが分かりました。
個人的には下半身太りのほうが目立たなくていいような気もしますが…。
理由として以下のようなことが挙げられています。

「下半身は痩せにくい」
「どんなに頑張っても足は細くなりにくい」
「おしりの肉は一度つくとなかなか落ちない」
「細身のパンツやミニスカートが履けない」
「足が出せないからファッションの幅が狭まる」

など、「痩せにくい」「ファッションが楽しめない」という声が大きいようです。
ですがパッと見たときに人は顔や上半身に目が行くので、印象にも残りやすいのも基本的には上半身でしょう。
下半身太りのほうが痩せて見られることが多かったり、ふわっとしたスカートなどの服装でカバーできるというメリットもあります。

 

上半身・下半身太りを「食事」から改善する方法


食べるものに気を付けるのはダイエットの基本。
上半身・下半身太りを改善するために、まずは食事から見直してみましょう。

上半身太りを改善する食事方法

上半身太りは糖質の摂りすぎが原因であることが多いので、流行りの糖質制限ダイエットは上半身が太り気味の人におすすめのダイエット法です。
上半身が太りやすい人は、お米やパン類や麺類などの炭水化物が好きな人が多いのではないでしょうか?
厳しい糖質制限はストレスになることが多いので、炭水化物である主食の量を減らしておかずの量を増やすところから始めてみてください。おかずは野菜やたんぱく質などを意識的に摂り入れましょう。
または、1日3食のうち、1食、または2食分だけ炭水化物を抜く方法もおすすめです。炭水化物を抜くと食後も眠くなりにくいというメリットもありますよ!
糖質を摂ると体内の血糖値が急激に上がり、インスリンが分泌されて、中性脂肪として蓄積されていきます。血糖値の上昇を穏やかにするために「野菜から食べる」など食べる順番にも気を付けましょう。

下半身太りを改善する食事方法

下半身太りの人が気を付けたいのは脂質を抑えることです。
とくに菓子パン・スナック類・洋菓子類・カップ麺などのジャンクフードなどはバターや生クリーム、トランス脂肪酸、添加物などが多く含まれているので、特に気を付けてください。
また、塩分の摂りすぎにも注意!むくみは下半身太りの大きな原因です。
濃い味付けが好きな人は少しづつ薄い味付けに変えていきましょう。最初は物足りなく感じても次第に慣れてくるので根気よく続けましょう。外食やコンビニ食が減って、自然とカロリーセーブにも繋がります。
そしてむくみ改善効果にある「カリウム」を多く含んだ食材を意識的に摂りましょう。
バナナ・じゃがいも・アボガド・リンゴ・かぼちゃ・きのこ類・ほうれん草などがカリウムを多く含んでいます。白米を玄米に変えるのもおすすめです。

 

上半身・下半身太りを「生活習慣」で改善する方法


次に上半身・下半身太りを改善するために、普段の生活で気を付けたいことをご紹介します。小さなことの積み重ねがとっても大事です!

上半身太りを改善する生活習慣

まずは姿勢を正すことが一番大事です!
猫背でいると腹筋・背筋の筋力低下、肩や背中の血行不良など、上半身が太る原因をどんどん作ってしまいます。
でも姿勢を直すのはけっこう大変なこと…。姿勢改善の整体に通う、強制下着などを身に着けるなど、自分以外の何かにサポートしてもらうのもおすすめです。
肩や背中などの凝りを放置しないことも大事です。
凝っている状態でずっといると、血流がどんどん悪くなり老廃物が溜まり新陳代謝が下がります。せっかくダイエットしていてもなかなか背中回りのお肉が落ちなくなってしまいます。
またリンパの流れが滞ることで二の腕も太くなりがちです。凝ってるな…と思ったらマッサージに行く、ストレッチをするなどし、とにかく放置しないでください。湯船に毎日浸かって血流を促すことも大事です。

下半身太りを改善する生活習慣

下半身太りの人がまず気をつけたいのは「冷え」です。
冷えは代謝を悪くし、むくみやセルライトを悪化させます。
下半身、とくにおしりや太ももはセルライトが出来やすく、しかもセルライトは出来たら落ちにくいという厄介なものです。なるべく下半身を常に温めて冷やさないように注意しましょう。
また、骨盤の歪みも下半身太りの原因に。
脚を組むクセのある人は要注意!立ちっぱなし、座りっぱなし、どちらかの脚に体重を預けるような姿勢も骨盤歪みの原因となります。仕事中もストレッチなどを取り入れて歪みを起こさないように注意しましょう。骨盤矯正などの整体やエステに通うのもおすすめです。
カフェインには利尿作用があり、摂りすぎると尿から必要以上にカリウムが排泄されてしまいむくみやすくなるので、コーヒー・紅茶などの飲みすぎにも注意が必要です。

 

上半身・下半身太り、それぞれに効く「運動」


食事や生活習慣を見直したら、次に取り入れたいのは運動です!
動くことで痩せると筋肉が鍛えられ、一番リバウンドがしにくく健康的です。本格的な運動が苦手な人でもできることから始めてみましょう。

上半身太りに効く運動

まずは当然ながら「腹筋・背筋・腕立て伏せ」などの筋トレが有効なのは言うまでもないと思います。少ない回数でもいいので継続的に続けることで確実に成果が出てきますよ!
もっと手軽に出来るおすすめの運動を3つご紹介します。

【複式呼吸ダイエット】

お腹周りの引き締めや、代謝アップに効果的な運動です。
①6秒かけて鼻から息を吸い込みお腹をふくらます。
②ぱんぱんに息を吸ったらそのまま6秒キープする。
③12秒かけて口から息を吐く。体の中の息を限界まで出すようなつもりで思い切り吐く。
④①~③を10回繰り返す。

【二の腕シェイプ 手をふるだけの振袖運動】

ダンベルなどを道具が必要ない、超お手軽二の腕運動です。
①両手を身体の後ろに伸ばす。
②親指を下にした状態から、バイバイするように手の平を30回くらいします。腕を絞るような間隔で回すと効果的です。
③一日のうち気付いた時に3~5セットくらいを目安に行いましょう。

【10秒で簡単 猫背改善ストレッチ】

10秒で出来る猫背改善ストレッチです。場所を選ばず仕事中でも出来ます。
こまめに取り入れることで筋肉もほぐれ思った以上の効果があります。
①イスに座った状態で両腕をまっすぐ上に上げる
②腕を上げたまま5秒キープする
③ゆっくり腕を下す
④5秒間肩の力を抜いてリラックスする

下半身太りに効く運動

下半身太りの場合、キツイ筋トレなどは場合によっては脚がムキムキになって余計に太くなってしまう場合もあります。
かといって筋力が足りていないと余計にむくみやすく、脂肪も付きやすくなってしまうので、程よく筋肉を付けることは大切です。「スクワット、エアロバイク、踏み台昇降」などは程よく筋力を付けるのに効果的です。
その他、手軽に出来るおすすめの運動を2つご紹介します。

【骨盤スクワット】

骨盤の歪みを取るのに効果的なスクワットです。
①腰幅に両足を広げ、つま先を外側に向けて立つ
②手を開いて両手を前に付きだす
③背筋を伸ばし、45秒かけて腰を落とせるところまで落とす
④15秒かけて、腰を元の位置まで持ち上げる
⑤今度は両足のつま先を、可能な限り内側に向けて立つ
⑥③と④を1回づつ繰り返す
⑦上半身を少し前に倒して15秒キープする

【ふくらはぎのむくみに効く簡単ストレッチ】

立った状態ならいつでもどこでも出来る簡単なストレッチです。ふくらはぎの血流を良くしむくみを改善します。
①両足を肩幅程度に広げる
②なるべく脚に力を入れず、お腹から持ち上げるイメージでつま先立ちをする
③そのまま5秒間キープ
④ゆっくりとかかとをおろす
⑤①~④を10セット行う

 

おわりに

上半身と下半身で全然体型が違う!!という人もけっこう多く、ファッションやダイエットに頭を悩ませている女性は多くいます。
上半身太りと下半身太りでは原因がそれぞれ違うので、もちろんダイエット方法も変わってくるんですね。
体型が人それぞれ違うのだから、向いているダイエット方法も人それぞれ違うはず。
自分に合った方法で上手にダイエットして、理想の体型に近づけるように頑張りましょう!

今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ今度こそ下半身ダイエットが成功する!即効性のある簡単エクササイズ

600骨盤矯正ダイエットで下半身スリム!歪みの症状と原因をチェック!

ポッコリの原因は猫背?下っ腹が痩せる姿勢矯正ダイエット!ポッコリの原因は猫背?下っ腹が痩せる姿勢矯正ダイエット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Saori

著者の記事一覧

1984年生まれ、千葉県出身。
趣味は映画鑑賞、音楽鑑賞、読書というインドア派の射手座です。
あまり知らない土地を、ぶらぶらひたすら歩く事も好きです。
自分がキレイだと感じるものを見たり聞いたりすることが幸せです。
30代に突入し、以前よりも美容や健康に気を配るようになりました。
勉強しながら、みなさんの役に立つような情報を発信していきたいです!







関連記事












ページ上部へ戻る