髪に優しい?自然乾燥だけどドライヤーは使わない!「ノードライヤー」の本当の効果は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライヤーは髪を痛めるというけど…

お風呂上りに髪の毛を乾かす派とそうでない派に分かれますが、一般的に「自然乾燥は良くない」とされていますよね。

私は髪の毛が胸の下まであるので、断然ドライヤー使用派です。

髪にとっても、ドライヤーで乾かしてあげる方が自然乾燥よりはマシ!と思われていましたが、実はそうじゃないかもしれないという説ができてきました。

今回は、ローラやミランダ・カーも実践しているという、ノードライヤーが本当に髪に優しいのか?を紹介していきたいと思います。

 

ノードライヤー=自然乾燥ではありません。

自然乾燥とノードライヤー乾燥はちょっと違います。

自然乾燥はお風呂上りに何もつけないでそのまま乾かすことですが、「ノードライヤー乾燥」は、ヘアオイルやヘアミルクなどの、洗い流さないトリートメントをつけて、自然に乾くのを待つことです。

ポイントは、お風呂上りにしっかり髪をタオルドライし、オイルやミルクなどで髪の表面、主に毛先をコーティングすること。

自然乾燥だと、キューティクルが開いてしまい、髪の表面から髪内部の水分が蒸発していくため、結果的にパサパサでごわついた髪質になってしまいます。

トリートメント材でケアすることで、この自然に髪の水分が蒸発していくことを防いでくれるんですよ♪

 

ドライヤーの熱は本当に髪の毛を傷めている?

ドライヤーの熱も、使い方を間違えていたり、長時間髪に当てていると、髪の表面の水分だけでなく、内部の水分も吸い取ってしまい、蒸発させて乾燥させてしまいます。

特にドライヤーで髪の毛を傷めやすい人は、かなり近くからドライヤーを当てている人です。

また、美容院でやるような、ブラシや櫛をつかって丁寧にブローする人も、かなり髪を傷めている事になります。

美容師の方が言うには、ほとんどの女性が髪にとって悪い乾かし方をしているようです。

そのため、時間をかけて丁寧にドライヤーをするよりも、ノードライヤーで手間をかけずに乾燥させる方が良いという説がでてきたようです。

 

ノードライヤー乾燥のメリットは?本当に髪に良い?

ノードライヤー乾燥にすると、ドライヤーの熱を直接浴びないという点で、かなり髪や頭皮に優しいと言えます。
しかし、ソレだけではありません。

ノードライヤー乾燥には、ヘアスタイルや、季節ごとの髪トラブルの上手に付き合っていくうえでも、こんな効果が期待できるのです。

 

ノードライヤー乾燥の効果


・カラー・パーマの持ちがよくなる
・髪質が柔らかくふんわりする
・オイルやミルクでコーティングされているので、仕上がりが滑らか
・ドライヤーを乾かす手間が減る
・夏場は汗をかかなくて良い

もしかしたら、ローラやミランダ・カーのふんわりヘアは、ノードライヤー乾燥のおかげなのかもしれませんね。

そもそも、ドライヤーなどの熱は髪の毛のタンパク質を変形させてしまい、どんどん髪質を固くさせてしまいます。
髪の毛を柔らかく保ちたい人にはかなりお勧めできる乾かし方でしょう。

 

ノードライヤー乾燥をするときの注意点

ノードライヤーをするときに注意してほしいのは、以下の3つです。
これを抑えれば、髪に優しく乾燥させることができます。

 

① お風呂上がりのタオルドライの方法

入浴する女性

ノードライヤーでは、お風呂上りにきちんとタオルドライできるかどうかで、仕上がりが大きく変わります。

吸水性の良いタオルを使って、髪の毛を挟んで「ぽんぽん」と優しく叩くようにタオルドライしましょう。

「わしゃわしゃ」とタオルで頭をおおって乱暴に拭く方法は間違いです。

そっちの方が水分が飛んで早く乾くと思われがちですが、髪の毛同士をこすると、摩擦で髪のキューティクルが剥がれたり傷んでしまいます。

ここは少し丁寧に時間をかけてドライしていきましょう。

 

② トリートメント材のつけ方


トリートメントは、出来れば馴染みの良いオイルが良いでしょう。
ミルクでもよいですが、オイルの方が髪の内部の水分をしっかりコーティングしてくれます。

つける時は、必ず毛先から。
傷みやすいのは毛先なのですが、トリートメント材をつける際、頭皮の方から頭を包んで滑らせるように付ける方が多いようです。

これでは、肝心の毛先に栄養が行きません。

最初に500円玉大のトリートメント材を掌に出し、軽く混ぜてから、毛先を優しく握るようにしてなじませていきましょう。

掌に少し余ったものを頭皮の方に着けるくらいでOKです。

 

③ 就寝前のチェック

就寝前には、必ず髪の毛が乾ききっているかをチェックしてから寝るようにしてください。

生乾きで寝てしまうと、髪を傷める他、頭皮に雑菌が繁殖して、匂いや汚れの原因になってしまいます。

毛先の方は乾きやすいですが、肝心なのは頭が湿っていないかどうかです。
もし湿っているようなら、頭をタオルで覆っておくと乾きが早いです。

ロングヘアの人でなかなか自然乾燥ができない人も、オイルを塗った後、タオルを頭にかけておくと乾きが早くなりますよ。

べたつかない、ノードライヤーにお勧めのオイル
ノードライヤーで使用するトリートメントは、べたつかないオイルタイプがおすすめ。

なかでも、ホホバオイル、ココナッツオイルが保湿力たっぷりで髪に優しいですよ。

無印良品のホホバオイルはこちら♪♪

ホホバオイル

【価格】2,160円
原材料は、ホホバから抽出した種子油のみ。
高純度の良質なオイルで、髪の毛をしっとり保ちます。

 

髪をしっとりまとめるなら「ミルボン」も

髪のまとまりや収まりの良さを重視するなら、「ミルボン」のヘアオイルもおすすめ。
リッチな香り、伸びも良いテクスチャーが特徴的です。

おすすめのミルボンヘアオイルはこちら♪♪

ミルボン エルジューダ MO

【価格】1,612円
オリーブから抽出したスクワランと、バオバブのオイルを配合。
まとまりやすく、柔らかな髪へと仕上げます。

 

おわりに


ノードライヤー乾燥、いかがでしたか?
おすすめなのは、髪の量が多い人、髪質を柔らかくしたい人、自分の時間を1秒でも長く使いたい人です。

まずは少しやってみて、自分の髪の状態をチェックしてみてください。

髪が元気になっているようでしたら、きっとあなたの髪にはノードライヤーが証拠ですよ♪
是非試してみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。







関連記事

ページ上部へ戻る