冬でもメイク崩れしない!乾燥肌でも使える化粧下地を紹介♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の多くが抱える悩み「肌の乾燥」
とくにこれからの季節、肌が乾燥してメイクのノリも悪くなってしまいがちですよね。

ファンデーションが崩れてしまったり、きれいに肌にのらなかったり。
そんな悩みは化粧下地で改善&予防することができるって知っていましたか?

今回は、冬でも化粧崩れ知らずになれる高保湿の下地からプチプラの下地まで、乾燥肌でも使える化粧下地をご紹介します!

 

冬はとにかく乾燥する!

冬はとくに空気が乾燥しています。
乾燥肌の方も混合肌の方も、「冬はメイクがうまくのらない」「肌がカサカサして化粧が崩れていく…」こんな悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか?
スキンケアでしっかり保湿をしても乾燥してしまう方は、一度、化粧下地を見直してみましょう!

乾燥肌の人こそ化粧下地をつけましょう

化粧下地は、肌をキレイに見せたり化粧崩れを防いでくれるアイテムで、乾燥肌に限らずあらゆる肌質の方におすすめです。
肌が乾燥しているからといって化粧下地をつけずにメイクをしている方は、化粧下地をつけてメイクをしてみましょう!

化粧下地をつけるメリットとは?

乾燥肌の方が化粧下地をつけることで、以下のようなメリットが得られます。

・肌が保湿できる
・ファンデーションなどメイクの毛穴詰まりが予防できる
・紫外線やホコリなどの外的刺激から肌を守れる

最近では、化粧下地に保湿成分が含まれているものが多く販売されています。
夕方になるとメイクが崩れたり、小ジワにファンデーションが溜まってしまうという方は、化粧下地をつけることでそのトラブルを防ぐことができますよ。

また、スキンケアのあとに直接、肌にファンデーションをつける方も注意しましょう。
メイクが毛穴に詰まってしまい、ニキビや吹き出物になる可能性があります。
ファンデーションの前に化粧下地をつけることで、薄い膜ができて毛穴詰まりも予防できますし、クレンジングも簡単にできますよ。

そして、年中降り注ぐ紫外線やホコリなどの汚れは、化粧下地をつけることで肌を刺激から守ることができます。
肌の水分を保つのはもちろん、シミやシワなども防いでくれるでしょう。

 

冬に使う化粧下地を選ぶコツとは?

保湿成分が含まれたものを選ぶ

乾燥する冬だからこそ、化粧下地にこだわってみてください。
下地をしっかりつけることで、メイクをしても肌にかかる負担が軽くなりますし、ファンデーションののりも良くなります。
そんな乾燥が気になる冬は、保湿成分が入っている化粧下地を選ぶようにしましょう。

・ヒアルロン酸
・セラミド
・グリセリン
・スクワラン
…など

 

日焼け止め効果が強くないものを選ぶ

紫外線は年中降り注いでいます。
冬だからといって油断は禁物です。
しかし、真夏に使っていたような日焼け止め効果の強いものを選ぶのではなく、ほどよく日焼け止め効果のある化粧下地を選びましょう。
中には日焼け止め効果の高い下地でも、肌への刺激を最小限に抑えたものもあります。

また、紫外線をカットしない化粧下地を使う場合は、先に日焼け止めクリームを塗ると良いでしょう。
紫外線は肌を乾燥させるので、シミやシワの予防のためにもUVカットを怠らないようにしましょう♪

それでは、次に保湿力の高い化粧下地を5つ後紹介します!

 

保湿力の高い化粧下地5選

①プリマヴィスタ カサつき・粉ふき防止化粧下地

2,800円(税抜)

SPF15・PA++

カサつく朝もしっとりと、夕方までファンデーションを粉うきさせません。
乾燥による肌のカサつき、粉ふきを長時間カバーします。
美容液のような付け心地で、ファンデーションをしっかり肌に密着させ、化粧のノリが良い肌に整えます。
保湿成分グリセリン、ヒアルロン酸を配合。

②リサージ モイストセラムベース

4,000円(税抜)

SPF28・PA++

日中もコラーゲンカバーしてくれる美容液・化粧下地です。
濃密な美容液感触で、つける前よりもうるおう肌になります。
乾燥やごわつき、毛穴や凹凸もしっかりとカバー。
しっかり肌にフィットし、ベースメイクの仕上がりから化粧もちまでアップさせます。

③ドクターシーラボ BBパーフェクトクリーム エンリッチリフト

3,600円(税抜)

SPF40・PA++++

1本で美容液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、毛穴カバー、シェーディング、ハイライトの計9つの役割をしてくれる多機能小顔BBクリームです。
独自成分「金のコラーゲンEX」や、「レスベラトール」などの美容成分を配合。使い続けるほどハリのある引き締まった美しい素肌へ整えてくれます。
また、3種類のコラーゲンやヒアルロン酸、3種類のセラミドなどの保湿成分を配合
ウォータープルーフ処方で、時間が経っても化粧崩れやヨレを防ぎます。無香料、無合成着色料、無鉱物油、紫外線吸収剤不使用、パラベンフリー。

④RMK クリーミィ ポリッシュト ベースN

3,500円(税抜)

SPF14・PA++

クリームタイプの下地で、肌の凹凸にしっかりフィット。
ローヤルゼリーエキスやヒアルロン酸などの保湿効果が高い成分や、ローズマリーエキスなど肌を引き締める成分も配合しています。
肌にしっかり密着し、毛穴などが目立たない透き通った肌を作ることが可能です。
日中も肌の潤いをキープし、長時間美しい仕上がりの肌を持続します。色は3色展開しています。

⑤DECENCIA(ディセンシア) アヤナスBBクリーム

4,000円(税抜)

SPF25・PA+++

1本でエイジングケア、保湿、化粧下地、UVカット、毛穴補正、薄化粧、外部刺激ブロックの7つの役割をしてくれる高機能エッセンスインBBクリームです。
「スムースクリアビーズ」という極小特殊空洞粉体が毛穴の凹凸をカバーし、均一に明るい肌へ仕上げてくれます。
保湿成分のヒアルロン酸、抗炎症成分のコウキエキスなどを配合し、肌表面をなめらかにしてツヤを出していきます。
また、ベースメイクが1本で完成するので、肌に余計な負担がかかりません。無香料、紫外線吸収剤フリー。
★レビュー記事はこちら★

 

乾燥も気になるけど肌のくすみもカバーしたい…

乾燥肌の方は、肌の乾燥と同時に肌のくすみが起きやすいと言われています。

そのくすみの原因は2つあり、1つ目は肌表面がカサつくと肌表面の細かい空間に陰ができてしまい、それが肌の色を暗く見せて肌がくすむからです。
2つ目は、肌の乾燥で角質が傷つき、紫外線のダメージを受けやすい状態になっていて、肌を守ろうとメラニンが多く生産されているから

そんな乾燥肌で肌のくすみもカバーした方には、肌色補正効果のある化粧下地がオススメです!

ポール&ジョー ボーテ モイスチュアライジング ファンデーション プライマーS

3,500円(税抜)

SPF15・PA+(ドラジェ、ハニーのみ)

肌のすみずみまで潤いで満たし、ナチュラルなツヤ肌を実現できます。
保湿成分のオレンジフラワー水やヒアルロン酸Naなどが、いつまでもうるおった肌をキープ。
高いトリートメント効果がある潤い美容成分を配合しているので、透明感となめらかな肌の演出が可能です。

イプサ コントロールベイス

2,800円(税抜)

SPF20・PA++

肌のくすみや毛穴の凹凸を補正し、光を集めて肌に透明感を出します。
色はピンク・イエロー・ブルーの3色を展開。
顔の血色が悪く、くすみや疲れが出やすい方はピンク。
シミやソバカス、紫外線のダメージが気になる方はイエロー。
テカりやすく肌表面がゴワつき、角層が水分不足の方はブルーを選ぶと良いでしょう。

マキアージュ ピーチチェンジベースCC

3,000円(税抜)

SPF25・PA+++

肌の上で10秒マッサージをすると、ほんのり桃色の肌に変身します。
肌色補正効果も抜群で、血色が悪くなりがちな冬でも健康的な肌に見せることが可能です。
保湿成分はスーパーヒアルロン酸、グリセリン、水溶性コラーゲンなどで、乾燥した肌にうるおいを与えてくれます。
新マグネット効果で10時間も化粧持ちが続き、いつまでも肌に優しく密着します。
オールシーズン使うことができて、乾燥や紫外線、大気汚染から肌を守ります。

ETVOS(エトヴォス) ミネラルUVグロウベース

4,300円(税抜)

SPF37・PA+++

河北裕介氏(ヘアメイクアップアーティスト)が監修したコラボアイテムです。
くすみがちな大人の肌を透明感のある色づきでカバー。素肌感を最大限に活用し、自然なツヤ感のある肌を作ることができます。
5種類のセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分をたっぷり配合。
シリコン、石油系界面活性剤、鉱物油、紫外線吸収剤、ナノパウダー、タール系色素、香料を不使用。
肌に優しい低刺激でありながら、クレンジングなしでメイクオフできます。

 

2,000円以下で買えるプチプラ化粧下地

2,000円以下のプチプラでも、しっかり保湿&カバーしてくれる化粧下地があります。
新しい化粧下地を探している方は、気軽に試してみてはいかがでしょう?

ケイト ミネラルマスクBB

1,500円(税抜)

SPF30・PA++

1本でベースメイクが完成するBBクリームです。
Wマスク処方で肌にピッタリと密着し、肌のうるおいを逃さず保湿します。
カバー力、仕上がり、機能を追及していて、自然な仕上がりの肌を作ることが可能です。
色は3色展開しています。

リンメル CCクリームエアリーフィニッシュ2

1,300円(税抜)

SPF50+・PA++++

10種類の植物エキスを配合した高保湿CCクリームです。
1本で美容液、乳液、日焼け止め、ファンデーション、化粧下地、高保湿、くすみ・毛穴カバー、肌色補正、ハリ感、テカり防止の10個の機能があります。
ヒアルロン酸やコラーゲン、グリセリンやカミツレ花エキスなどの美容成分を贅沢にたっぷり配合。外側はふわっと、内側はぷるっとした美肌に仕上げることが可能です。
色は2色展開しています。

無印良品 ベースコントロールカラー

879円(税込)

SPF22・PA++

紫外線から肌を守り、肌に透明感を与えます。
カミツレ花エキスやオリーブスクワランなどの植物性うるおい成分を配合。
顔色補正をしながら肌のうるおいを逃しません。
色は3色展開しています。

セザンヌ UVウルトラフィットベースN

680円(税抜)

SPF36・PA++

肌につけているだけで、肌色補正、スキンケア効果、毛穴の凹凸をカバーする3つの機能を備えた高機能下地です。
肌全体にしっかり広がり、ファンデーションをピタッと密着させます。
保湿成分のヒアルロン酸のほかにも、ブドウ葉エキスなどの植物エキスもたっぷり配合。無香料、無鉱物油、紫外線吸収剤不使用です。
色は3色展開しています。

 

化粧崩れを防ぐ3つのコツ

化粧下地の塗り方次第で、化粧が崩れるのを防いでくれますよ。
次は乾燥肌の方にオススメしたい化粧崩れ防止テクニックを3つご紹介します♪

①スキンケアでしっかり保湿する

化粧下地を使う前は、しっかりとスキンケアで保湿しましょう。
保湿が不足していると、化粧下地の塗りムラができたり、伸びが悪くなってしまうことがあります。

化粧水や美容液、乳液などは肌になじませたあとは優しくハンドプレスしてください。
また、スキンケアを行ったら3~5分ほど待ち、基礎化粧品がなじんでから下地をつけるようにしましょう。

②少量ずつとって薄く伸ばす

化粧下地を多く付けすぎると、肌の上に下地が余ってしまいます。
余った化粧下地とファンデーションが混じると、ファンデーションの肌への密着力が悪くなります。
そうすると、ファンデーションがヨレてしまったり、塗りムラができたりする原因になってしまうのです。
なので、化粧下地は少量ずつ手にとり、手のひらで温めたあと、顔全体に薄く均一になるように優しく伸ばしていきましょう。

また、毛穴や小ジワに入り込むように垂直に下地を塗ってください。
毛穴のでこぼこや小ジワにはファンデーションが溜まりやすく、これが化粧崩れの原因になります。
それを防ぐために、あらかじめ毛穴や小ジワに塗るようにしましょう。

③時間をかけて下地を肌になじませる

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使っている方は、化粧下地をつけた後、3~5分ほど待ち、化粧下地が肌になじんでからファンデーションをつけましょう。
リキッドやクリームタイプのファンデーションは油分が多いので、化粧下地をつけてすぐにファンデーションをつけると色ムラができたり、ファンデーションが剥がれやすくなってしまうので気をつけてくださいね。

一方、パウダーファンデーションの場合は、化粧下地をつけたらすぐにファンデーションをのせてください。
リキッドタイプと違って油分が少ないパウダータイプは、化粧下地の保湿成分などと馴染み、ファンデーションが肌へしっかりと密着するので、しっとりとした仕上がりになりますよ。

 

おわりに

メイクは女性を美しく彩ってくれるアイテムです。
リップやチークに凝るのも良いですが、乾燥でメイク崩れが気になる方はとくに化粧下地にこだわってみてはいかがでしょう?
自分自身の肌質や目的に合ったものを選び、キレイな肌を守ってメイクを楽しんでくださいね♪

編集部おすすめはコレ!

DECENCIA(ディセンシア) アヤナスBBクリーム

4,000円(税抜)
SPF25・PA+++

1本でエイジングケア、保湿、化粧下地、UVカット、毛穴補正、薄化粧、外部刺激ブロックの7つの役割をしてくれる高機能エッセンスインBBクリームです。
「スムースクリアビーズ」という極小特殊空洞粉体が毛穴の凹凸をカバーし、均一に明るい肌へ仕上げてくれます。
保湿成分のヒアルロン酸、抗炎症成分のコウキエキスなどを配合し、肌表面をなめらかにしてツヤを出していきます。
また、ベースメイクが1本で完成するので、肌に余計な負担がかかりません。無香料、紫外線吸収剤フリー。
★レビュー記事はこちら★

メイクノリアップ!30代~40代におすすめの崩れにくい化粧下地メイクノリアップ!30代~40代におすすめの崩れにくい化粧下地

毛穴を上手に隠したい!オススメ化粧下地とスキンケア方法

ナチュラルなのにシワ、シミ、くすみをカバー 下地使いで差がつくベースメイク法ナチュラルなのにシワ、シミ、くすみをカバー 下地使いで差がつくベースメイク法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事











ページ上部へ戻る