肌のくすみが治らない!くすみの正しい取り方と、おすすめ化粧水・乳液・クリーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
60

なんとなく冴えない肌、くすみが原因かも?

最近肌の調子が優れない、顔全体が暗くどんよりしている、昔はもっと白かった気がする…
これらに当てはまっている人は、じつは「肌のくすみ」が原因で顔色が優れないのかもしれません。
顔全体だけでなく、目の周り、口の周り、ある一定の場所だけ肌トーンが暗いというのも、くすみが原因によるものです。
くすみにはいくつかタイプがあり、そのタイプによって対処法も変わってきます。
今回はくすみのタイプと、くすみに効くおすすめの化粧品を紹介しますね。

さまざまなくすみのタイプあなたはどれ?

①糖化による黄くすみ

350
顔がなんとなく茶色く黄色っぽくくすんでいる、と言う人は、糖化による黄くすみが原因に考えられます。
糖化によるくすみは、糖質をたくさん摂っている人に陥りがちです。
お菓子やアイス、ケーキなどの甘い物はもちろん、ご飯やパン、麺などの炭水化物を食べ過ぎの人にも見られます。
これらの人は、糖質の量を制限してみましょう。

→対策・治し方

糖化してしまった肌は焦げたパンに近いです。
一度焦げてしまったパンは元通りの白さには戻りませんよね。
ですから、自力で治すのにはかなり時間と労力がいるでしょう。
美白化粧品を使う、規則正しい生活をする、糖分を取り過ぎない、糖化を防ぐ食品を積極的に摂取するなどがあります。
糖化を防ぐ食品としては、ウーロン茶、緑茶、カモミールティなどがありますよ。
それでもくすみが改善されない場合は、クリニックや皮膚科などの専門機関に頼ってくださいね。

②化粧品によるくすみ

350
化粧品によるくすみは、通称「油やけ」「化粧やけ」とも言われています。
油やけを起こしてしまう理由として、古くなった化粧品を使っていたり、鉱物油が含まれている化粧品を使っているからなどが挙げられます。
一度買ったらなかなか使い切らずに、ずるずると1年も2年も使っている化粧品などがありませんか?
それらを慢性的に使い続けていると、肌に化粧品の成分が付着し、色素沈着を起こした結果油やけになってしまいます。

→対策・治し方

今の化粧品には油分が含まれている事がほとんどですから、それを避けるのは難しいでしょう。
できるだけ油分の入っていないコスメを選ぶか、クレンジングをしっかりし、化粧残りが無いようにしておくのが肝心です。
無添加のミネラルファンデーションなどがおすすめです。
また、勿体ないからと言って古いコスメを使い続けるのはやめ、2年を過ぎたものはスッパリ捨ててしまいましょうね。
化粧やけを治す場合は、やはり無添加の美白化粧品で毎日欠かさずケアをするのが理想です。
1日で劇的に変わることは難しいので、くすみを治すにはじっくり時間をかけておこないましょう。

③血行不良によるくすみ

350
朝は顔色がよかったのに、夕方になってどっと疲れたように顔色が悪くなってしまうのが、この血行不良によるくすみです。

肩こり持ちの人、冷え性の人、血圧が低い人などに良く見られます。
また、冷え性や肩こり持ちでなくとも、冷たい物を良く飲んだり食べる人も注意が必要です。

→対策・治し方

血行不良は冷えやコリで起こってしまう事がほとんどなので、日頃から身体を温めておくことをおすすめします。
他のくすみと比べて血行不良によるくすみは比較的簡単に治りやすいので、マッサージをしたり身体を温めて血の巡りを良くすることが一番の近道になります。
また、肩こりや冷えを起こさないように、日頃からストレッチや運動を習慣づけておくのも良い方法です。
冷たい飲み物、アイスなどの食べ過ぎ・飲み過ぎも避けましょうね。

④メラニンによるくすみ

350
いわゆる紫外線によるくすみ、日焼けの状態です。
紫外線に当たるとメラニンが生成されますが、そのメラニンが肌の奥に残った状態だとくすんで見えがちになってしまいます。
通常はメラニンが生成されても、肌のターンオーバーにより、時間が経つといらない細胞と共に排出されていきます。

しかし、ターンオーバーが正常に働いていなかったり、紫外線を浴びる量が多すぎてターンオーバーが追い付いていかない場合だと、肌にメラニンが残ったままになります。
その残った色がメラニンのくすみです。
また、メラニンぐすみを残したままにしておくと、そこからシミの原因にもなってしまいます。

→対策・治し方

メラニンぐすみを防ぐ方法としては、年中日焼け止めを肌に塗っておくことです。
紫外線は夏の暑い日だけでなく、冬でも曇りの日も年中降り注いでいます。
また、室内にいる時でも、窓ガラスを通して紫外線は入ってくるのです。
肌は常に紫外線に晒されていますから、日焼け止めを塗ったり、UVカットのメイク下地やファンデーションを選びましょう。
メラニンぐすみに既になってしまっている方は、メラニンの働きを抑える基礎化粧品で美白ケアするのがおすすめです。
ビタミンC誘導体、アルブチン、m-トラネキサム酸などの有効成分が含まれた基礎化粧品を選びましょう。

⑤毛穴の汚れによるくすみ

350
毛穴に汚れ詰まった状態だと、肌が暗く見えてしまう事があります。
クレンジングでメイクが落ち切れていなかったり、洗顔不足だと、毛穴の汚れや皮脂が溜まって酸化してしまい、黒く変色してしまうのです。
その黒く変色してしまった汚れや皮脂が暗く見えてしまう原因です。
クレンジング不足の人・洗顔不足の人・脂性肌の人などに多く見られます。

→対策・治し方

毛穴に汚れができないように、化粧をしっかり落とす事を意識してクレンジングしてください。
クレンジングはオイルクレンジングがおすすめです。
オイルタイプですと、毛穴の奥までオイルが浸透し、汚れをスッキリ取り出してくれます。
オイルクレンジングが詳しく書かれたこちらも参考にしてみて下さい。
オイルクレンジングなら肌を傷めない

逆に毛穴汚れに不向きなのが、拭き取りシートタイプです。
肌を傷つけるかもしれないから、とクレンジングを疎かにしていると、逆に汚れが肌に残ったままになってしまいます。
クレンジング・洗顔は丁寧にやりましょう。
また、ピーリングもおすすめです。
こちらは週に2~3回を目安として行ってくださいね。

美白成分の入ったおすすめ基礎化粧品とその正しい選び方・使い方

くすみに効くおすすめ化粧水

【富士フイルム】アスタリフトホワイトエッセンスインフィルト
富士フイルム アスタリフトホワイト
化粧水でダントツでおすすめしたいのが、「アスタリフトホワイト」です。
松田聖子さんや松たか子さんでお馴染みのあのCM、一度はご覧になった事があるでしょう。
成分としては、アスタキサンチンとアルブチンが高い美白効果を得られます。
なんとアスタキサンチンはビタミンCの6000倍の美肌効果があり、くすみはもちろん、肌のその他のトラブルも治してくれます。
アルブチンはメラニン色素の抑制効果があるので、メラニンぐすみなどの自力で治すには難しいくすみにもアプローチしてくれますよ。

アスタリフトホワイトのレビューはコチラ。
アスタリフトホワイトのレビュー

くすみに効くおすすめクリーム①

HAKU-メラノクール-ホワイトソリッド
HAKU メラノクール ホワイトソリッド
クリームで一押しなのが、資生堂「HAKU メラノクール ホワイトソリッド」です。
HAKUは2015年春に誕生したばかりの美白ケアで、美容誌3誌でベストコスメを受賞しています。
通販限定なのですが、その理由は冷蔵が必要なため。
HAKUはひんやり冷たい新感覚クリームです。
美白意識が高まる4月~9月は紫外線量が増えると同時に、肌の温度も高くなる時期。
資生堂によると、肌の温度が高まる(肌がほてる)と過剰にメラニンが増殖してしまう為、シミや黒化につながりやすいのだそう。
お肌をクールダウンさせながら、美白有効成分をお肌に届け、保湿をして肌の調子を整えます。
メラニン増殖を防ぎ、ターンオーバーも整え、シミ・くすみをケアする!というわけです。
注文するとクール便で届くので、保管は冷蔵庫にしてください。
HAKUのレビュー

くすみに効くおすすめクリーム②

ディセンシア サエル ホワイトニングクリームクリアリスト
サエル ホワイトニングクリームクリアリスト
もうひとつ、紹介したいのが、サエルの「ホワイトニングクリームクリアリスト」です。
くすみ肌の原因である”肌の酸化”を抑えるムラサキシキブエキス、コウキエキスが配合されています。
さらにメラニン生成も抑えてくれる働きもあるので、メラニンぐすみによる肌の不調も改善できます。
クリームを選ぶ際に重要な「保湿力」もかなり高いので、化粧水や乳液で肌に補った成分を逃がすことなくしっかり閉じ込めてくれますよ。
サエルのレビュー

くすみに効くおすすめ部分クリーム

メコゾーム ブライトニングフォーミュラ
ブライトニングフォーミュラ
こちらはシミやくすみなどの集中ケア用クリームです。
マリンプロテインエキストラクトと呼ばれる海洋複合酵素の働きによって、お肌のターンオーバーを促進してくれます。
シミ・くすみ以外にも、なかなか消えないニキビ跡のケアにも効果的です。
ブライトニングフォーミュラのレビューはコチラ。
ブライトニングフォーミュラのレビュー

くすみに効くおすすめ乳液

ソフィーナボーテ 夜の美白濃密乳液
ソフィーナボーテ 夜の美白濃密乳液
美白乳液のおすすめはソフィーナボーテから出ている「夜の美白濃密乳液」です。
美白有効成分であるカモミラETが配合されていて、メラニン生成を抑えて肌のトーンを明るくしてくれます。
また、くすみだけでなく、既にできてしまっているシミやこれからできるシミの発生も抑えてくれますよ。
カモミラETは、浴びてしまった紫外線を無かった事にしてくれると謳われる程美白人気の高い乳液です。

肌に本来の明るさを取り戻すための一番の近道は、基礎化粧品を変える事でしょう。
なんといってもお肌にダイレクトに働きかけてくれますからね。
医療機関や美容外科などに行かなくても、市販の化粧品で毎日丁寧にケアしていけば、お肌に透明感をもたらす事ができます。
くすみを取る基礎化粧品として選ぶべきなのは、美白効果があり、肌のターンオーバーを正常に戻してくれるものです。

「今まで美白効果があるという化粧品を使ってきたのだけど、効果が無かった…信用できないのよね」
と思っている方も多いかもしれませんが、今まであなたが使ってきた化粧品は、実は「美白効果」が無かったのかもしれません。
世の中には美白と言葉のつく化粧品がたくさん溢れていますが、大事なのはその宣伝文句ではなく、成分表に書かれた表記です。
化粧品を選ぶときは「美白効果」の言葉でなく、どんな「美白成分」が入っているのかに着目して選んでくださいね。
上で紹介している美白化粧品3選も、美白効果の高い成分がちゃんと入っているものです。
宣伝文句に騙されず、成分表記で見極められるようにしてくださいね。

肌の新陳代謝UP!くすみに効く食べ物や成分

肌の不調は、私たちが普段食べる物によって大きく左右されます。
特にくすみやシミなどは、シワやたるみなどとは違い、身体の内側から無くしていける肌トラブルなので、適切な食生活で改善される余地が十分あるのです。
上で紹介した美白化粧品などの外からのケアに加え、内側のケアをプラスすると効果はさらに高まります。
本格的にくすみをケアしたいのなら、食生活改善にも力を入れて下さいね!

健康な肌作りの基盤!「たんぱく質」

肌のくすみが治らない!くすみの正しい取り方と、おすすめ化粧水・乳液・クリーム
たんぱく質は綺麗な女性の味方です。健康なお肌を作るには欠かせません。
特に動物性のたんぱく質は必須アミノ酸がバランスよく含まれています。しかし、動物性は脂肪分が多い事もあるので食べ過ぎは注意です。
大豆などの植物性たんぱく質と一緒にバランスよく食べて下さいね。

たんぱく質が豊富な食べ物

鳥胸肉、鶏ささみ、鮭、サバ、カツオ、豆腐、納豆、大豆、卵

メラニン増加を抑える!「ビタミンC」

肌のくすみが治らない!くすみの正しい取り方と、おすすめ化粧水・乳液・クリーム
美白=ビタミンCと定着しているほど、ビタミンCは白くて美しいお肌に欠かせない食べ物となっていますね。
くすみの元となる、メラニン沈着を消してくれます。
抗酸化作用・コラーゲン生成の促進などの効果も見込めますよ。

ビタミンCが豊富な食べ物
ピーマン、ブロッコリー、苺、レモン、アセロラ、キウイ、モロヘイヤ、焼き海苔

抗酸化作用抜群!「リコピン」

肌のくすみが治らない!くすみの正しい取り方と、おすすめ化粧水・乳液・クリーム
肌の酸化を抑えてくれるリコピンは、くすみ対策やアンチエイジングにも効きます。
肌の酸化とは、言い換えれば「肌の劣化」です。
皮膚が衰えてしまうと、肌の新陳代謝もUPされず、いつまでもくすみのある肌が生まれ変わりません。
いわば抗酸化作用は、肌の生まれ変わりを促進してくれる成分なのですね。

リコピンが豊富な食べ物
トマト、スイカ、グレープフルーツ、柿

メラニン抑制と抗酸化作用!「アスタキサンチン」

肌のくすみが治らない!くすみの正しい取り方と、おすすめ化粧水・乳液・クリーム
リコピンと並んで強い抗酸化作用を持つのはアスタキサンチンです。
肌の劣化を抑え、メラニン生成も遅らせてくれます。
上で紹介した化粧品にも入っている有効な成分ですが、食べ物からでも摂取できるんですよ。
主に体の赤い魚介類に豊富に含まれています。

アスタキサンチンが豊富な食べ物
鮭、いくら、エビ、カニ、イクラ

 

くすんだ肌を明るく見せるためのコツは?

既にくすんでしまっている肌を少しでも明るく見せるためのポイントは、メイクと服の色を変えてみると言う事。
明るい肌色にしたい場合はイエローやピンクを使い、透明感を出したい時はブルー系のファンデーションを使いましょう。
また、肌の色を隠そうとして厚塗りするのはかえってNG。
健康な肌に見せたいのなら、チークは必須アイテムです。
ピンク、オレンジなどの色をチョイスしましょう。

服の色に関しては、トップスに白を持ってくると、反射効果が高いので顔を白く明るく見せてくれます。
晴れの日に白い服を着ると、もっと効果が出ますよ。
また、黒を着ることでも、錯覚を利用して肌の色を明るく見せる事はできます。
グレーの机の上に白いお皿が乗っているのと、黒い机にお皿が乗っているのを想像してみて下さい。

肌のくすみが治らない!くすみの正しい取り方と、おすすめ化粧水・乳液・クリーム

黒の机にお皿が乗っている方が、お皿の白がはっきり目立ちますよね。
これは黒と白の明度の差が大きいため、グレーの時よりも白がはっきり明るく見えるという訳です。
このように明度の差を使って肌を明るく見せるには、黒など暗く濃い色を着るのがおすすめです。

 

おわりに

ご自分の肌のくすみがどんなタイプかお分かり頂けたでしょうか?
タイプによってくすみの治し方は違ってきます。
食生活だけで改善できたり、生活習慣を見直したり、化粧品を使って改善したりと、アプローチの方法は様々です。
あまりにも酷いくすみだったり、食生活や化粧品を治しても改善されない場合は、医療機関などの専門家に診てもらって下さいね。

Lier編集部おすすめ人気No1 化粧水

オルビス 薬用 クリアローション(医薬部外品)

180mL 1,620円
トライアルセット(洗顔料・化粧水・保湿液) 1,296円
オルビスの大人ニキビケア クリアシリーズは100%オイルカット

保湿成分と薬用成分をもつ7つの和漢が弱った肌を健康な肌へと導いてくれます。
口コミレビューを見に行く

オルビス 薬用-クリアトライアルセット(医薬部外品)
オルビス 薬用 クリアトライアルセット(送料無料)
洗顔料・化粧水・保湿液の入ったトライアルセットを1,296円でお試しできます。

30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水
40代におすすめの化粧品~化粧水と美容液で正しいエイジングケア40代におすすめの化粧品選び~美肌ホルモンの減少に負けないスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。

関連記事



ページ上部へ戻る